ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > その他市政情報 > 新型コロナウイルスに関する市長メッセージ > 新型コロナに関するメッセージ(市施設の扱い、飲食店の支援策、救急医療体制の顕著な悪化、県の臨時病床について)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年1月9日

市施設の扱い、飲食店の支援策、救急医療体制の顕著な悪化、県の臨時病床について

昨日(1月8日)は対策本部会議を開催し、国・県の方針を踏まえて千葉市の対策について協議・指示しました。

まず、公共施設の扱いですが、正直申し上げて1都3県でバラバラになっています。基本的対処方針通り20時以降を閉館としている自治体もあれば、多くの施設を終日閉館としている自治体もあります。
私も1都3県の各首長と意見交換・情報共有をしましたが、時間の無い中、都庁も県庁も各市区町村も自分たちの範囲で手一杯で他と揃えるという状況ではありませんでした。それぞれに別個の考えで動いており、私が一番他自治体の情報を持っていたかもしれません。

そこで、千葉市は今まで通り世論や精神論ではなく、正しく科学的根拠に基づいて対応するとの考えに基づき、一つひとつ判断することとしました。
20時以降の外出自粛が要請されていることを考えると基本的対処方針や県の要請通りの20時閉館では20時以降の外出につながること、夜の会食につながる機会を減らすことも考慮し、18時閉館を基本とします。そして感染リスクが比較的高い屋内運動施設などを終日閉館とすることとしました。
個別の内容については以下をご確認下さい。

→緊急事態宣言の発出等に伴う市施設の休館、利用制限、イベントの中止等の情報
https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/covid-19/shisetsu.html

尾身会長など専門家が述べられているように、春と異なり、どのような状況が感染リスクが高いかは分かってきています。冬はまだまだ続くことを考えると宣言の長期化も考えられ、過度の地域活動の抑止は別のリスクを生じさせます。
千葉市は基本的対処方針を踏まえ、そこに科学的根拠に基づいた少し強めの抑止策を加える形で長期戦に臨みます。

-------------------
【飲食店を支援する市独自の施策について】

飲食店のテイクアウト・デリバリー対応を支援するため、市独自の施策を展開しています。
千葉市が運営する店舗検索サイト「千葉おもてなしSHOPガイド」でテイクアウト・デリバリーに対応している飲食店をご紹介しているほか、『出前館』の対象店舗が送料無料になるキャンペーンを1月9日本日より開始します。UberEatsとも交渉をする予定です。

こうした宅配代行業者を使う場合、飲食店側も負担が発生するため、この負担軽減策も早期に投入する予定です。
苦境にある飲食店を千葉市なりに少しでもバックアップしていきますので、皆さまもぜひ地元飲食店を応援してあげてください。
※個人宅でのホームパーティなどは自粛下さい。

→飲食店のテイクアウト・デリバリー情報を紹介します!
https://www.city.chiba.jp/keizainosei/keizai/promotion/omotenashishop.html

→出前利用促進キャンペーンVol.2
https://www.city.chiba.jp/keizainosei/keizai/promotion/delivery.html

----------------------
【救急医療体制が悪化しつつあります】

次に医療現場の状況について。
消防局に年末年始の救急搬送の状況を確認したところ、例年の年末年始と比べ、救急隊の活動時間・医療機関受入照会の状況が顕著に悪化しています。

令和1年12月と令和2年12月を比較すると、5回以上の照会が5.0%→7.3%に、10回以上の照会は0.38%→1.57%に急増しています。
さらに令和2年1月と令和3年1月を比較すると、5回以上の照会が7.0%→9.0%に、10回以上の照会は0.79%→2.25%とさらに増加しています。

この数字は何を物語っているか。発熱や肺炎の疑いがある患者を受け入れられない医療機関が増え、救急車の中で搬送先が決まるのを待つ時間が増え、最終的には二次・三次のコロナ対応している医療機関が受け入れるしかなく、これら医療機関にしわ寄せがいっています。
千葉大附属病院や市立青葉病院が通常は受け入れない患者を次々に受け入れてくれている結果、本来はそうした病院しか対処できない真に一刻を争う状態の傷病者を受け入れられなくなる、というようなリスクが高まっています。

医療機関のベッドコントロールが困難となり、救急医療体制における患者収容能力を超過することで、受け入れに至らない照会が増加している状況で、この状況が続けばコロナ患者はもちろん、それ以外の傷病者の救命にも大きく影響を与えます。
現場の実態に基づいた適切な打開策を検討する必要があり、これらの権限は県にありますが、市としても何ができるか検討します。

 出前利用促進キャンペーンVol.2

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)