ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > その他市政情報 > 新型コロナウイルスに関する市長メッセージ > 新型コロナに関するメッセージ(感染状況に関する週報、集団接種と医療機関での接種)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年1月28日

感染状況に関する週報、集団接種と医療機関での接種

1月20日から26日までの週報です。週報のスタイルについて、さらに分かりやすい指標や見せ方にできるよう、担当部署と協議し、改善しました。

先日来ご説明してきたとおり、発表ベースでは増加していますが、年初来の発表積滞分を一気に解消したためで、発症日・確定日ベースでは緩やかな低減傾向にあります。
また、陽性率についても10.9%→9.2%となっています。

ただし、低減傾向は緩やかであり陽性率は依然として高いこと、病床はひっ迫していること、高齢者施設や医療機関などでクラスターが発生しており、今後も重篤化しやすい層の陽性者増や医療機関の機能低下などが予測されることから、引き続き警戒が必要です。

現在、入院中の方は85名(重症3名、軽症等82名)、宿泊療養等は68名です。千葉市は重症者は増加していませんが、千葉県全体では重症者の増加が続いています。
重症病床はそれ以外のコロナ入院患者の容態が悪化した時に備えて一定程度空けておく必要があること、看護師等のスタッフ確保の問題もあるので、使用率48%でも相当数埋まっていると見た方が良いでしょう。この辺りが医療現場の実態と数値の乖離で、もう少し実態に沿った指標を国・都道府県を中心に考えて欲しいところです。

昨日(1月27日)はスッキリにオンライン出演し、市町村の現場におけるワクチン接種の準備状況や課題などについて申し上げました。さすがの加藤さんの司会と番組スタッフのご準備、専門家の佐藤先生の的確なコメントなどで、非常に分かりやすい構成だったと思います。

集団接種の方が絵になるので、報道では集団接種ばかりが注目されがちですが、確保した貴重な医療スタッフがワクチン供給不足や利用者の偏りで無駄になるリスクもあります。
また、高齢者が集団接種会場まで足を運ぶ大変さを考慮すると、集団接種に加えて、普段ワクチンを打っている地域の医療機関で接種可能な体制をいかに構築するかが重要です。

そのためには基本型接種施設→サテライト型接種施設(診療所等)の組み合わせや搬送体制の確保が重要で、ファイザー製ワクチンの特殊性もあり、ここが自治体にとって課題です。
医療人材の確保、ワクチン確保、搬送等々、課題は山積ですが、国県市・医療関係者一丸で前に進むしかありません。

番組内では申し上げられませんでしたが、介護従事者(訪問介護も含め)の接種優先度を上げることも国に要望しています。
介護施設などでの集団感染は最も警戒すべき部類の一つで、介護施設での高齢者接種と同時に従事者も接種できることが重篤化を防ぐ観点でも接種の効率性という観点からも重要です。介護施設については要望に応えて頂けそうですが、引き続き現場の声を届けていきます。

各種モニタリング指標

感染者数(発症日・確定日別)

市内の検査場所別の検査実施数および陽性率

 

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)