ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > その他市政情報 > ようこそ市長室へ > 新型コロナに関するメッセージ(千葉市へのまん延防止等重点措置が3月21日まで延長されます。モデルナで3回目の接種をしました。)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2022年3月9日

新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(千葉市へのまん延防止等重点措置が3月21日まで延長されます。モデルナで3回目の接種をしました)

 

4日、国は千葉県等へのまん延防止等重点措置区域の適用を3月21日まで約2週間延長し、これを受けて千葉県が、混雑した場所等への外出自粛や、21時以降の飲食店の利用自粛等のこれまでの要請の延長を決定しました。

千葉市における新規感染者の発表者数は減少傾向にありピークを過ぎているように見えます。7日間平均の新規感染者数は、2月1日時点と3月3日時点を比較すると、32.2%減(674人⇒457人)となっていますが直近1週間は微減に留まっていること、療養者数は同23.7%減(5,792人⇒4,417人)ですが第5波と比べて減少ペースは緩やか、入院者数は同63%増(100人⇒163人)で直近1週間は微減に留まっている状況です。また、10歳未満の感染者に占める割合が増加しています(1月下旬10.4%→2月下旬17.0%)。亡くなる方が断続的にいらっしゃるほか、高齢者の入院重症例が増えており、医療機関の負担は解消されていません。

制限を受ける市民や事業者の皆様には大変心苦しく思いますが、まん延防止等重点措置のこの時点での解除は早く、限られた期間の延長はやむを得ないと考えています。出口が全く見えていないわけではありません。2週間後の解除と新型コロナウイルス感染症の早期の収束に向け、感染防止行動の徹底をお願いします。

同日、市の対策本部会議を開き、まん延防止等重点措置の延長に際しての対応を以下のとおり決定しています。

感染症検査キット配布・陽性者登録センターの広報強化

発熱外来のひっ迫を踏まえ、千葉県、船橋市、柏市と連携して「千葉県新型コロナウイルス感染症検査キット配布・陽性者登録センター」を設置しています。濃厚接触者や軽度の有症状者の方で一定の条件に当てはまる方には抗原定性検査キットを無料配布しており、広報を強化すること。

高齢・障害者施設での3回目接種の促進

高齢・障害者施設等については、従事者や入所者の感染は減少傾向であるものの、依然断続的にクラスターが発生しています。施設の87%(2月末時点)でワクチン接種が完了していますが、さらなる接種を支援するとともに、従事者のPCR検査の頻回実施や新規入所者のPCR検査費用の助成により早期発見や感染拡大防止に努めること。

部活動の制限の緩和

児童生徒の感染者数は2月上旬以降、減少傾向にあります。部活動については、休日の活動規制を土日のうち1日は活動を可能とするなど、現在の制限内容を段階的に緩和しながら、今後の通常活動に向けた環境づくりに努めること。

保育所・認定こども園等の登園自粛のお願いの継続

保育所・認定こども園等については、毎週50程度の園が新たに休園しているなど状況に変化がなく、保育現場の負担も依然大きい状況です。引き続き、ご自宅での保育が可能な方に対しては、まん延防止等重点措置期間中は登園自粛をお願いするとともに、基本的な感染対策を徹底し、保育の継続を可能とするように保育現場を支援すること。

卒園式等の保護者出席の下での通常に近い形での実施

3月は卒園式、卒業式など、児童生徒や保護者にとって節目となる大切な行事が予定されています。保護者出席のもと、児童生徒が次のステージに飛び立つ一つの節目として思い出に残るような式とするため、各学校の実情に応じた感染防止対策を徹底し、できる限り「通常に近い形」で実施するための工夫をすること。(各学校等に改めて連絡します)

「ちば割りテレワーク」と市独自の中小企業者業務継続支援金の切れ目のない実施

経済活動については、感染拡大防止と経済活動を両立のため「ちば割テレワーク」を継続し、市民の活用に向けて広報すること。新年度予算案に計上している市独自の中小企業者事業継続支援金について、新年度の早い時期から給付できるよう事務を進め、市内中小企業の積極的な活用を促すこと。

ワクチン3回目接種のさらなる周知

コロナワクチンの3回目接種は、3月3日時点で、本市の65歳以上の高齢者人口に対する接種率は69.23%、また、全年代の全人口に対する接種率は26.04%であり、全国平均や政令市平均と比べて高く、千葉市の3回目接種は比較的早く進んでいます。
しかし、モデルナの予約状況が、ファイザーと比べると低く、市民の皆様に対して、いずれのワクチンを接種した場合でも、十分な効果と安全性が確認されていることから、ワクチンの種類よりもスピードを優先して接種を受けていただけるよう、特に、未接種の高齢者の方を中心に、さらなる周知啓発に努めること。

6日(日曜日)〜8日(火曜日)の3日間(※)、集団接種会場のイコアス千城台で実施する「予約なし接種」の取組をはじめ、市民の皆様が接種しやすい環境づくりに取り組むこと。

※実施期間を3月末まで延長します。詳細は以下をご覧ください。

記者発表資料:集団接種会場「イコアス千城台」で予約不要のワクチン接種を実施します~実施期間を3月末まで延長します~

私も、3回目接種をモデルナの集団接種会場の「ワンズモール」で受けました。予約枠に余裕があり今日予約して明日接種可能です。希望される方はワクチンの種類によらず早期接種をご検討ください。
20220302sessyu

小児(5~11歳)接種が始まっています

小児接種を先月末から基礎疾患がある方から開始しています。ワクチン接種の機会があることを、対象者の方、全てにお知らせすることが重要と考え、接種券を一斉発送しております。基礎疾患等のない一般の小児の方の接種予約は7日(月曜日)から開始し、接種は14日(月曜日)から開始します。

現時点で小児接種には「努力義務」が適用されていません。特に基礎疾患のある方や基礎疾患がある方と同居している方などの感染予防等の効果、副反応のリスクの双方について、十分ご理解をいただいたうえで、保護者の方がお子様と一緒に検討いただけるよう丁寧な情報発信に努めること。

小児(5歳から11歳までの方)への新型コロナワクチンの初回(1・2回目)接種についてのお知らせ

 

3月は歓送迎会等のシーズンで春休みなど外出が増える時期です。市民の皆様には、不織布マスクをきちんと着用する、手洗い・消毒をこまめに行う、密になる時間や場所を避けて行動する、換気を怠らない等の対策の徹底を油断なく実施いただき、一日も早く感染の拡がりを収束させ、日常を取り戻すべく、改めてご協力をお願いします。

まん延防止等重点措置の延長(令和4年3月21日まで)市民の皆様へのお願い

 

新型コロナウイルス感染症に関する情報(特設ページ)

https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/kansensyoujyouhou.html

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)