ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > その他市政情報 > ようこそ市長室へ > 新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(休業補償、感染者情報、軽症者用の宿泊施設確保について)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年4月13日

休業補償、感染者情報、軽症者用の宿泊施設確保について

今日(4月11日)、関係部署を集めて休業要請について協議します。皆さんもご承知の通り、特措法・緊急事態宣言に伴う権限は県にあり、市に強制力はありません。

しかしながら、東京都・神奈川県・埼玉県が休業要請に傾く中で千葉県が実施しなければ、この3都県の方々が千葉県に来て、感染を拡大させるリスクも出てきます。

東京都は休業要請して今日からスタート、協力金を出す(詳細は今後)、
神奈川県は休業要請は都と対象は合わせ、今日からスタート。ただし、補償や支援は国の地方創生交付金などの制度を確認しながら検討、
埼玉県は13日から休業要請を開始、都の対象から飲食店は除き、かつ補償は本来国、しかし経済対策の中で支援する、といった現状です。

2県とも、「都と同じことはできないが、東京都と足並みを揃えないと自県民のリスクが増大するため、やむを得ない」との政治判断、といったところでしょうか。

大阪府も休業要請を検討中、ただしお金がないので支援は十分にできない、事業者から袋叩きにあうかもしれないが、やる、といった方針と聞いています。

市として何ができるか。
業種は絞らざるを得ないでしょう。リスクが高い業種はある程度見えてきていますので、それを基に検討します。東京都と同じ支援ができるわけでもありません。対象事業者からは一定の批判はあるでしょう。
限られた権限と財源の中で、少しでも感染拡大リスクを低減させるために何ができるか、職員とともに知恵を出し合いたいと思います。

【昨日の感染者について】

なお、昨日は4名の感染者が確認されました。
26例目の方は都内通勤の30代男性。発症前は都内の職場と自宅の往復のみ、症状は安定しています。ご家族に現在症状はありません。

27例目の方は1名は在宅勤務をされている60代男性で、発症前に都内の飲食店を利用されています。それ以外は自宅で、発症後も自宅待機とのこと。ご家族で現在症状が出ている方はいません。症状は安定しています。

28、29例目の方はご夫婦ともに感染が確認されており、都内勤務の50代男性と無職の40代女性です。男性は発症前は主に自宅と職場の往復のみ、発症後はご夫婦ともに自宅待機とのこと。症状は安定しています。

軽症者の宿泊施設の確保を引き続き行っています。本来は県が確保すべきもので県も調整中とのことですが、市としても主体的に確保するべく、関係先と協議を進めています。
1日も早く確保し、医療機関で見るべき患者に集中し、医療現場の疲弊を抑えられるよう全力で取り組みます。

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)