ホーム > 市政全般 > 平和・人権・国際交流 > 国際交流 > 千葉湊大漁まつりで姉妹都市パラグアイ・アスンシオン市の紹介を行います!

ここから本文です。

更新日:2019年10月24日

千葉湊大漁まつりで姉妹都市パラグアイ・アスンシオン市の紹介を行います!

本年度は、千葉市とパラグアイ共和国・アスンシオン市との姉妹都市提携50周年です。

そこで、パラグアイ共和国・アスンシオン市への理解をより深めていただくため、「千葉湊大漁まつり」にてパラグアイ・アスンシオン市の紹介を行います。

この機会に、パラグアイの文化に触れてみませんか。皆様のお越しをお待ちしております。

1.開催概要

(1)日時

令和元年11月4日(月曜日・振替休日)10時30分~15時30分

(2)場所

 千葉ポートタワー(千葉市中央区中央港1丁目ポートパーク内)

(3)チラシ

 「千葉湊大漁まつり 姉妹都市・アスンシオン市紹介ブース」(PDF:273KB)

2.プログラム

パラグアイのレース「ニャンドゥティ」作り体験・作品展示

ニャンドゥティは、パラグアイの先住民族の言葉(グアラニー語)で「クモの巣」を意味するレースです。色鮮やかな模様が多く幅広い用途に使用されます。
作成体験と併せて講師作品の展示・販売も行います。

開催時間
  1. 10時30分から11時40分まで(先着順)
  2. 12時10分から13時20分まで(10時から整理券配布)
  3. 13時50分から15時00分まで(10時から整理券配布)
参加費用(材料費)

 500円

定員

 各回15名

 

0921_nanduti

 
〈講師紹介〉

岩谷 みえ エレナ(Mie Elena Iwatani)さん
パラグアイ、ラ・コルメナ生まれのパラグアイ人(日系二世)。看護・助産師として活動後、アルゼンチン、パラグアイ、日本に住む。ニャンドゥティの作り方教室「Academia Mie Elena」を主宰し、講師の他、ニャンドゥティの製作実演や販売も行う。2015年、初めての本格的なニャンドゥティの解説書となる「パラグアイに伝わる虹色レース・ニャンドゥティ~伝統の模様と作り方」を出版。ニャンドゥティが広く知られることが自国のニャンドゥティ産業の発展につながることを願って活動している。自身の教室の他にカルチャースクール多数で教えるほか、各地でのワークショップ、大使館イベントや小中学校国際理解教室での講演・実演、JATA世界旅行博、パラグアイフェスティバルなどイベントでの実演・ワークショップなどを精力的に実施している。パラグアイ国立伝統工芸院(IPA)ニャンドゥティ指導員。2018年よりイタグア市文化振興プロモーター。

パラグアイのハープ「アルパ」コンサート

アルパはパラグアイの音楽文化を象徴する楽器です。全国各地で活躍するアルパ奏者によるコンサートのほか、アルパの演奏体験もできます。美しいアルパの音色をぜひお楽しみください。

開催時間
  1. 11時45分から12時00分まで
  2. 13時25分から13時40分まで
  3. 15時05分から15時20分まで

arpa_Guerrerosan

 

 

〈演奏者紹介〉

マルシアル・ゲレロ・ポルティリオ(Marcial Guerrero Portillo)さん
10歳からアルパを始める。
国立音楽院等でアルパ教師を務め、数多くのフェスティバルやコンクールでの受賞歴がある。
1998年に来日し、全国各地でアルパライブ、コンサートを開催。現在はパラグアイ国立音楽院をはじめ、アスンシオン市立音楽院ほか多くの小学校や音楽学校へ楽器を贈るボランティア活動をしながら、後進の指導にも力を入れている。

 



国際交流課トップページへ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総務局市長公室国際交流課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所3階

電話:043-245-5018

ファックス:043-245-5247

kokusai.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)