ここから本文です。

更新日:2018年10月10日

公園歳時記2018年度

千葉公園で見られる四季折々の様子をお届けします。

千葉公園のページに戻る。

公園歳時記2017年度のページに進む。

 

 2018年10月10日:落ち葉

10月10日、元は体育の日ということで、見事に晴天となりました。
千葉公園でも小さな子供からご年配の方々まで、それぞれ楽しんで過ごしています。

園内では、現在、落ち葉がとても多くなっています。
1日に来た台風24号で、全国各地で塩害が起こっているとのことですが、そのせいでしょうか。
せっかくこれから紅葉の季節なのに、赤くなる前に落葉してしまった樹木もあります。
なんとか残っている樹木の紅葉がきれいになることを願うのみです。

さて、10月18日(木曜日)は「市民の日」です。
市内各地で無料となる施設があります。詳しくは「市民の日」のページをご覧ください。

千葉公園でも貸しボートが無料となります。
千葉市内では唯一ボートに乗ることができる池ですので、この機会にぜひお楽しみいただければと思います。

H301010(1)
桜の葉がほとんど落ちてしまいました。
H301010(2)
階段にもケヤキの葉が多く積もっています。(掃除済み)

 

 2018年9月28日:キンモクセイが咲き始めました

久しぶりの快晴になりました。
公園のベンチでゆっくり休むには、とても心地よい気候かと思います。

先週見ごろを迎えたヒガンバナは、あっという間に終わってしまいました。
現在は、チラホラと花が見える程度です。

園路を歩くとキンモクセイの香りが漂ってきます。
まだ花が開ききってませんが、オレンジ色の小さな花が見え始めました。

H300928(1)
ボランティア花壇では紫色の花が咲いています。
H300928(2)
キンモクセイの花が付き始めました。

 

 2018年9月18日:彼岸花が咲き始めました。

彼岸花がだいぶ咲いてきました。
見ごろまではあと数日といったところでしょうか。

千葉公園では一か所にはあまり固まっておらず、あちらこちらに点在して咲いています。
数が少ないですが、白い彼岸花が咲いている場所もあります。

H300918

 

 2018年9月10日:彼岸花の芽が出始めました。

9月になりましたが、ムシムシして、不快な暑さが続いています。
とはいえ、風が涼しいと感じる日も多くなってきたのではないでしょうか。

千葉公園ではヒガンバナの芽が出始めました。
見ごろまではまだ10日前後かかるかと思いますが、秋になってきたのだなぁと感じました。

そのほか、銀杏が落ち始めました。
臭いし、つぶされて汚いと言われることが多いのですが、生きる化石とわれるイチョウが生き残ってきた自然の知恵の結果でもあります。
少しおおらかな心で見ていただけると嬉しく思います。

H300910(1)
ボランティア団体「花の輪」さんが管理している花壇です。

H300910(2)
ヒガンバナの芽。早いものは週末にも咲くかもしれません。

 

 2018年8月29日:サルスベリが見頃です。

夏休みも終わり、涼しい日も増えてきました。
現在、千葉公園ではサルスベリが満開となっています。
すべすべの幹肌とともにお楽しみください。

9月になればヒガンバナが咲き始めます。
今年は本当に猛暑で、今も暑い日がありますが、秋は確実に訪れてきているということでしょう。

H300829(1) H300829(2)
上部が少し赤みががっています。
紅葉でしょうか?それとも異常?

 

 2018年8月10日:サルスベリが咲きました。

猿も木から落ちるというほど、スベスベの幹肌をしている、サルスベリの花が咲きました。
千葉公園にあるのは赤い花の樹です。
上のほうに咲いていますので、見えにくいですが、可愛らしい花が咲き始めました。

また、運動広場わきではクリの実がなっています。
実は公園にクリがあるのは珍しいことです。千葉の中心部には千葉公園しかないのではないかと密かに思っています。

H300810(1)
サルスベリの木。

H300810(2)
食べることはお勧めしません。公園のものですし。

 

 

 2018年8月1日:ムクゲ、キョウチクトウが見頃です。

夏に咲く樹木の花の代表であるムクゲとキョウチクトウが見頃を迎えています。
園内に点在していますので、千葉公園をお散歩する際などに見てもらえればと思います。

なおムクゲはカブトムシやクワガタがよく集まる木です。
運が良ければいるかもしれません。
また、セミも沢山います。
ムクゲは2mくらいの高さなので、セミの羽化の観察にはうってつけの木です。

公園はとても暑くなっています。熱中症への対策を十分にしていただいて、樹木や昆虫の観察など、夏休みの自由研究の場として利用してもらえればうれしいです。

H300801(1) H300802(2)
ボランティア花壇のひまわりも見頃です。

 

 2018年7月18日:プール開催中です。

とても暑い日が続いています。
千葉公園にはプールがあり、6月30日から開園しています。

少し古いですが、50mプールや子供プールがあり、小さいお子さんから大人まで楽しめるプールになっています。
料金は2時間で220円(一般)、高校生だと100円です。
皆さんが安心して楽しめるよう、指定管理者のスポーツクラブNAS(株)の方々が一生懸命頑張っております。

ぜひご来園ください!

千葉公園プールのページを見る(外部サイトへリンク)

H300718(1)
ムクゲが園内各所で咲いています。
H300718(2)
オオガハスもまだ咲いています。

 

 2018年6月29日:アガパンサスが見頃です。

この1か月、オオガハスのことばかり紹介してきましたが、他の花として、「アガパンサス」が見頃を迎えています。
千葉公園には紫色の花と白色の花の2種類のアガパンサスがあります。

ハスを見に来たついでに一足のばして、アガパンサスもご覧ください。

H300629

 

 2018年5月1日:シャクヤクの開花情報。

シャクヤクが開花しています。
半分程度の株が満開となり、残りが咲く寸前の状態といったところです。

シャクヤクとボタンはよく似ており、どちらもボタン科の植物です。
見分け方としては、木本性をボタン、草本性をシャクヤクとなります。

H300501(1)
モニュメント近くのシャクヤクは満開です。

H300501(2)

ハスも浮き葉が展開し、立ち葉も出始めました。

 

 

 2018年4月27日:カモの赤ちゃんが生まれました。

昨年からハス池に住み着いていたカモに赤ちゃんが生まれました。
1か月くらい前から托卵していたのですが、つい先日、ふ化していました。

現在、植え込みの中から出てくるようになって、ハス池をお母さんカモの後ろについて泳いでいます。

とてもかわいらしいですが、野生生物です。
人が必要以上に関わることは、カモに悪影響を与えます。

捕まえたり、餌をあげたりしないようにお願いします。
温かく見守っていただければ嬉しいです。

 

【ボタン・シャクヤク開花情報】
・ボタン:見ごろを終えました。残り数本のみ開花。
・シャクヤク:数本開花。大多数があと少しで開花する状態。

H300427(1) H300427(2)
中の島のつつじもきれいです。

 

 2018年4月19日:色とりどりのツツジが咲きました。

ボタンが見ごろを迎え、さらにツツジも見ごろを迎えています。

荒木山の斜面にあるツツジ群は、色とりどりの花を咲かせています。
紫、白、ピンク、赤と、普段は緑の斜面が今の季節は華やかになっています。

そのほか、フジ、ハナミズキなどなど、多くの花を見ることができます。

H300419(2)
暖かな日は、カフェのデッキで一休み。
H300419(3)
色とりどりのツツジ群。

 

 2018年4月16日:ボタンが見ごろです。

今年は桜の開花が早かったですが、ボタンの開花も早まっています。
本日、牡丹園の7割から8割くらいのボタンが開花しており、見ごろを迎えています。

例年より1週間から10日程度、早まっています。(昨年は4月16日ごろに咲き始めたという感じでした。)
ゴールデンウィークまで花を見ることができるかどうか難しいかもしれません。

なお、シャクヤクは牡丹よりも遅く咲きますので、ゴールデンウィーク頃がちょうど見ごろとなるのではないでしょうか。
(現在はあと少しで開花という状態です)

H300417(1)
ツツジも見ごろです。
H300417(2)
牡丹園の様子。

 

 2018年4月6日:次々と花が咲き始めています。

ソメイヨシノはすっかり葉桜となりました。
現在では、池のまわりのシダレザクラの花びらが散り始めています。

そのほか、八重咲きのサトザクラが満開となっています。
ソメイヨシノのような華やかな雰囲気ではなく、お花見をするような感じではありませんが、鑑賞する樹木としてはとても美しいと思います。

また、連日の温かさのせいか、早くもツツジ類が咲き始めました。見ごろはゴールデンウィークくらいとなるかと思いますが 、サクラ以外の花も続々と咲き始めています。
季節の表現の一つ、七十二候では、今の季節を「玄鳥至(つばめきたる)」と言うそうです。
ツバメが南からやってくる季節だそうです。
植物だけでなく、鳥や動物も冬とは変わってきますので、そちらもお楽しみいただければと思います。

H300406(1) H300406(2)

 

 2018年4月4日:サクラ開花情報

新年度になりまして、気持ちを新たに千葉公園の四季折々の様子をお伝えしていきたいと思います。
温かい気持ちで、ご覧いただければ幸いです。

サクラも終わりを迎えつつあり、ソメイヨシノはほとんど葉桜の状態となりました。
残るは綿打池の周りのシダレザクラです。
種類が様々なため、すでに葉桜になったものもあれば、満開で見ごろを迎えているものもあります。

ライトアップは、シダレザクラの見ごろが終わるまで続けます。
正確に何日までということは、決めてませんが、来週の初めごろまでになろうかと思います。
お花見を存分にお楽しみいただきたいと思いますが、ごみや騒音などのマナー違反はくれぐれもしないようにお願いします。

H300404(1) H300404(2)

 

 

このページの情報発信元

都市局公園緑地部中央・稲毛公園緑地事務所

千葉市中央区弁天3-1-1

電話:043-251-5103

ファックス:043-254-5834

chuo-inage.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)