ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

松の雪吊り2013

千葉公園の冬の風物詩として親しまれている『松の雪吊り』作業が11月11日から14日まで行われ、5本の雪吊りが完成しました。来年2月下旬まで展示する予定です。雪吊りの眺望ポイントは、綿打池南岸の水門近く。5本の雪吊りがバランスよく鑑賞できます。晴れて風の穏やかな日は、水面に映る雪吊りを観ることができます。

雪吊りの作業風景(PDF:513KB)

雪吊りの様式と作業手順(PDF:524KB)

雪吊りの撤去作業(PDF:138KB)


雪吊り作業(2013年11月14日)

雪吊り作業(2013年11月14日)

雪吊り風景(2013年11月18日)

雪吊り風景(2013年11月18日)

池の水面に映る雪吊り(2013年11月18日)

穂先のユリカモメ(2013年11月18日)

雪吊りを始めて最大の積雪量25cm(1994年1月29日)

最近の大きな積雪量10cm(2006年1月21日)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局公園緑地部中央・稲毛公園緑地事務所

千葉市中央区弁天3-1-1

電話:043-251-5103

ファックス:043-254-5834

chuo-inage.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)