• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年1月26日

 

ビオトープの会活動報告2017-1

1月~6月までの活動報告

6月22日田んぼ周りの草刈りと草取り

4月下旬の田植えから約2ケ月経ち、茎が太く葉も高くなりぐんぐんと育ち大分大きくなってきました。それと共に、雑草も伸び、田んぼの中の草取り、田んぼの畔の草刈り、田んぼの周り(草刈り機)の草刈りを行いました。

苗に、小さなトノサマバッタの赤ちゃんが沢山付いて、昆虫もこれから、どんどん大きくなり稲刈りの頃には立派なトノサマバッタとなっていることでしょう。田んぼの周りでは、ドクダミの白い花が咲いていました。

作業の様子

作業の様子

苗

大きく育った苗

トノサマバッタ

トノサマバッタの赤ちゃん沢山いました

作業の様子

除草作業の様子

作業の様子

草刈り機で綺麗に刈りました

ドクダミの花

ドクダミの花

 

6月9日池のアシの刈り込み

第2駐車場階段下の池の中のアシが繁茂していたので、刈り込みを行いました。池の周りは刈払機で草刈りを行いました。

池の周りでは、トンボが飛び、池の中では、メダカやザリガニなどの赤ちゃんが沢山泳いでいました。

作業の様子

作業始めの様子(生い茂っています)

作業の様子

刈払機での作業は、早い!

作業の様子

作業終了間近の様子(スッキリしました)

メダカ

多くの生き物が池の中にいます(メダカ)

 

5月25日田んぼ周りの草刈

今日も、田んぼ周りの草刈(刈払機も使用して)、畔は鎌を使って刈り、田んぼの中の草は手で抜き草取りを行いました。

田んぼの中では、ザリガニやカエルが元気に泳ぎ、田んぼの周りでは、アザミが咲き、ヒバカリ(ヘビ)がはっていました。

作業の様子

作業の様子

苗

苗がすくすくと大きく育っていました

ザリガニ

ザリガニ発見

作業の様子

刈払機での草刈は早い!

アザミ

アザミ

ヘビ

ヒバカリ(ヤマカガシと比べると小さなヘビでした)

 

5月11日草取りと草刈

本日の作業も、カエルの大合唱に出迎えられ、田んぼの中の草取り、畔と土手まわりの草刈を鎌を使い行いました。田植え後の苗は、これから少しずつ大きく育ち秋の稲刈りまで草取り、草刈を続けます。

田んぼの周りでは多くの生き物に出会え、中でもヤマカガシが3匹見つかり水の中での泳ぎが速かった事に驚きました。オタマジャクシは、足が生え、シュレーゲルアオガエルは若草色の綺麗な姿を見せてくれました。

作業の様子

草取りと草刈の様子

 

シュレーゲルアオガエル

シュレーゲルアオガエル

若草色の小さいカエルです

ヤマカガシ

ヤマカガシ

泳ぐのが意外と速いです

作業の様子

草取り草刈の様子

 

オタマジャクシ

オタマジャクシ

よくやく、足が生えてきました

イトトンボ

イトトンボ

小さく、青いトンボ

 

4月27日田植え

開始前は、ポツポツと雨が降っていたのですが、田植えが始まると雨も止みました。ビオトープボランティアさんお手製の紐に30センチ間隔で印がつけられ、苗3本ほどを植えたら後退し、リズムよく植えていき、あっという間に5枚の田んぼと小さい田んぼ(不揃いで大きさも違います)の田植えが終わりました。

田植えの様子

田植え開始

田植えの様子

お手製の田植え測り紐を張り30センチ間隔で植えて行きます

田植えの様子

田植えの様子

(手前の田んぼ3枚は、土曜日に行われる親子田んぼ教室で田植えが行われます。)

田植えの様子

リズムよく、後退しながら植えていきます

 

集合写真

田植え後のビオトープボランティアさん

お疲れ様でした。

おたまじゃくし

オタマジャクシには、まだ足が生えていませんでした

 

アザミ

土手にはアザミが咲いていました

シュレーゲルの卵

シュレーゲルの卵

 

4月13日田んぼの拡張と池づくり

田んぼでは、カエルの大合唱と鶯の鳴き声に出迎えられ、下夕田(しもんた)池側の田んぼの拡張作業と、観察用に新たに池を作りました。

作業の様子

池づくりの様子

おたまじゃくし

おたまじゃくしが前回よりも大きくなっていました

キブシ

田んぼの近くではキブシが咲いていました

作業の様子

拡張作業の様子

 

3月23日代掻きの続き

今回も、代掻きの続きを行いました。田んぼの中のおたまじゃくしは、数が増えていました。次回の作業日は、おたまじゃくしに足が生えてきているのでしょうか?楽しみです。

作業の様子 おたまじゃくし

 

3月9日代掻き

ビオトープの活動日は最近、天気に恵まれず、2月は第2、4木曜、共に雨天となり前回は、金曜日に作業を行いました。

3月に入り、今日は久々の晴天となり、代掻きの作業をおこないました。田んぼの隣の芦葦原ではオタマジャクシが卵から孵っており、土手では土筆が顔を出していました。

作業の様子

代掻きの様子

おたまじゃくし

オタマジャクシ

つくし

土筆

作業の様子

作業の様子

 

2月24日畔直し

昨日は、雨天の為、今日が作業日となりました。

田んぼの畔に、もぐらが穴を開けている箇所があり、水が流れてしまう為、穴を埋める作業と同時に畔を作り直しました。田んぼの周りでは鶯が鳴き、田んぼの中には、多くのカエルの卵があり、土手にはオオイヌノフグリが咲き、春の足音が聞こえてきました。

作業の様子

畔作りの様子

作業の様子

畔作りの様子

カエルの卵

カエルの卵

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ

 

1月26日田おこし

2017年最初の田んぼの作業は、田おこしからです。今朝は冷え込みが厳しく田んぼの中の水は凍り、その上をキセキレイが歩いていました。土は霜柱で凍りついていましたので、まんのうでの作業は大変でした。

作業の様子

田おこしの様子

キセキレイ

凍った田んぼの氷の上をキセキレイが歩いていました

シモバシラ

田んぼの中の霜柱

作業の様子

田おこしの様子

 

2016年7月~12月までの活動報告はこちら

このページの情報発信元

都市局公園緑地部緑公園緑地事務所

千葉市緑区土気町22

電話:043-294-2884

ファックス:043-294-2869

midori.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)