ここから本文です。

更新日:2018年5月11日

 

ビオトープの会活動報告2018-1

1月~6月までの活動報告

5月10日草刈り

ショウブ田脇の水路の草が繁茂していると、光が入らなくなりホタルの餌となるカワニナの成長の妨げとなるので草刈りを行いました。田んぼでは、畦の草刈りと、苗の補植を行いました。

作業の様子

刈払い機での草刈り

作業の様子

水路の草刈りの様子

作業の様子

草刈りの様子

苗

田植え後の苗、少し大きくなったかな?

補植の様子

補植の様子

カワニナ

カワニナ

 

4月26日田植え

カエルの大合唱の中、田植えを行いました。30センチ間隔に印を付けたお手製の紐を張り3本の苗を後退しながら植えて行き、6枚と小さな田んぼ2枚の田植えを終えました。今日はビオトープ体験の方も参加してくださり「楽しかった」と笑顔をで答えてくれました。ご興味のある方は毎月第2,4木曜日に行っていますので事前にお問い合わせの上(下記に記載)お越し下さい。

苗

5ケースの苗

田植えの様子

一列に並び田植え開始

田植えの様子

3本の苗をお手製の紐の印に沿って植えていきます

田植えの様子

後退しながら植えていきます

田植えの様子

最後の田んぼも丁寧に植えていきます

オタマジャクシ

オタマジャクシが沢山泳いでいました

 

4月12日しろかきの続きと草刈り

カエルの大合唱で迎えられ、今回もしろかきの続きを行いました。畦と土手周りの草が伸びていたので刈り払い機と鎌を使い草刈りを行いました。次回は、いよいよ田植えとなります。土手にはタンポポ、アザミが咲いていました。

作業の様子

草刈り前

作業の様子

草刈り後

タンポポ

タンポポ

カエル

アカガエルとアズマヒキガエルのおたまじゃくし

 

3月22日しろかき

前回雨天の為、作業は中止になりました。今日もお天気が不安定でしたが降られずに「しろかき」の作業が出来ました。下夕田池の土手には、シダレザクラを植栽しました。田んぼには、卵が孵り沢山のオタマジャクシが泳いでいました。土手には土筆が顔を出していました。

しろかき

しろかきの様子

おたまじゃくし

おたまじゃくし

つくし

土筆

シダレザクラ植栽

シダレザクラ植栽植栽の様子

2月22日畦直しと代かき

極寒の中、今回は田んぼの畦が低くなってしまったので田んぼの土を上げて高く直す作業と、前回の田おこし後の作業として代かきを行いました。2週間前にもニホンアカガエルの卵塊がありましたが、今日も沢山増えていたので数えたら65個の卵塊がありました。(以前に卵を数えたら一卵塊に800から1500もあったそうです。しかし、この卵は全部孵らず外敵に食べられてしまったりするそうです)。田んぼの脇では、セグロセキレが遊びに来ていました。

しろかき

代かきの様子

畦直し

畦直しの様子

ニホンアカガエルの卵

まるで囲んだ中にはニホンアカガエルの卵があります

セグロセキレイ

セグロセキレイ

2月8日田おこしの続き

氷が張る田んぼの中、氷を割りながら前回に続き田おこしを行いました。田んぼにはニホンアカガエルの卵や園路脇ではヤママユの抜け殻を見つけました。まだまだ寒いと思っていましたが一歩一歩春が近づいてきているのですね。

作業の様子

作業の様子

作業の様子

氷を割りながらの作業

ヤママユ

ヤママユの抜け殻

ニホンアカガエルの卵

ニホンアカガエルの卵

1月25日田おこし

今朝は、今年一番の寒さで千葉市の最低気温は-2.3度でした。風も強く冷え込みが厳しい田んぼの中の水は氷が張っていた為、例年は、田おこしを行うのですが、本日の作業は生き物たちの池作りを行いました。田んぼの周りでは霜柱が立っており、アオイは赤い実をつけていました。

作業の様子

池作りの様子

田んぼの様子

田んぼは、氷が張っていました

霜柱

霜柱も多く見られました

アオイ

アオイも周辺に多くあり、沢山実をつけていました

2017年7月~12月までの活動報告はこちら

このページの情報発信元

都市局公園緑地部緑公園緑地事務所

千葉市緑区土気町22

電話:043-294-2884

ファックス:043-294-2869

midori.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)