• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年10月4日

親子田んぼ教室 稲刈り イベント報告

春に行われたイベント「親子田んぼ教室」で田植えを体験してもらった親子に、今回は稲刈りも体験していただきました。

  • 日時:2012年9月29日(土曜日) 9時30分~12時00分 天気:晴れ
  • 参加者:26人(子ども14人、大人12人)
  • 見学:大人1人、子ども1人指導員(SSN)11人
  • 担当指導員:4人
  • 協力:4人(昭和の森ビオトープの会)

集合場所から蛍田んぼまで移動。
道々、イナゴが、バッタが、トンボが、子ガニを抱えたサワガ二が・・・子どもたちの足を止める。
ようやく田んぼに到着。
ビオトープの会の西川さんから鎌を使っての稲の刈り方、稲の束ね方などを教わって田んぼへ。
子どもたちは鎌を持って最初恐る恐る、お父さんやお母さんや指導員に助けられてだんだん大胆に、最後にはもう一人でどんどん。
螢田にザクッ、ザクッという小気味よい音と子どもたちの笑顔がはじける。
稲が刈られ、行き場を失ったカマキリたちが田んぼをうろうろ。大人も子どもも泥にまみれ、稲刈りを楽しむ。
刈られた稲は、おだに架けられ、昭和の森蛍田んぼに懐かしい谷津田の景色が広がりました。


まずは田んぼの人気者にご挨拶!

田んぼの先生のお話。「鎌はよく切れるから気をつけてね」

まずはお父さんと手取り足取り

お母さんも一生懸命

鎌は重くて、こわかったけれど・・・がんばりました。

裸足になって大奮闘

刈り取った稲を受け取って縛ります、これは難しい。

2家族ワンセットになって、稲刈りする人、束ねる人。

指導員から田んぼの生き物のつながりのお話を聞きました。

田んぼにはいろいろな生き物がいましたね。

お土産の稲穂

オダ掛けの前にみんな並んで記念撮影

親子田んぼ教室「田植え」のイベント報告はこちら

このページの情報発信元

都市局公園緑地部緑公園緑地事務所

千葉市緑区土気町22

電話:043-294-2884

ファックス:043-294-2869

midori.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)