• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2013年9月5日

第260回 昭和の森自然観察会 イベント報告

8月11日 トンボとセミ

連日の猛暑続きで参加者が来てくれるのかと心配ではありましたが、7名の参加者をむかえて、なごやかに観察会をスタートいたしました。なるべく日陰の道を選びながら昭和の森のトンボやセミを追いかけてみました。森の中にはアブラゼミ・ヒグラシ・ツクツクホウシ・ミンミンゼミ…等々、たくさんのセミやその抜け殻があり、皆で色々と観察することができました


とても暑い日でしたがどんなセミやトンボに出会えるのか、
ドキドキ・ワクワクしながら観察会のスタートです。

アブラゼミのオス・メスの死骸を皆で見ながら、その違いを
じっくりと観察しました。

指導員の帽子にじっ~とブローチのようにとまっていた
アブラゼミ!!

オスのアブラゼミのお腹を見ながら、セミの発音器のしくみを教えてもらいました。

指導員が集めたセミの抜け殻のコレクションをみせてもらって、
セミの種類をいろいろと覚えました。

ヒグラシなどによく寄生するセミヤドリガの幼虫です

菖蒲田の水路では、大きなオニヤンマの抜け殻を見つけることができました。

悠々と菖蒲田をパトロールしていたオニヤンマを発見!!

熱中症も何のその…昭和の森の木の下はとても涼しく、
ゆっくりと楽しんだ「トンボとセミ」の観察も終了です。

参加者 子ども3名 大人4名 指導員11名 計18名

自然観察ちば HPはこちら(外部サイトへリンク)

このページの情報発信元

都市局公園緑地部緑公園緑地事務所

千葉市緑区土気町22

電話:043-294-2884

ファックス:043-294-2869

midori.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)