• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

第315回昭和の森自然観察会イベント報告

公園内では、昆虫を含め動植物の採集は一切禁止されています。これらの生き物達は、観察会終了後、放しています。

3月11日「日本人と自然」

春の明るい陽ざしを浴びて、昭和の森観察会「日本人と自然」が開催されました。参加者はクイズを楽しんだり、身近な野草を試食したりして、昔の日本人が自然を巧みに利用して生活していたことを体験しました。

第315回「日本人と自然」

観察会の初めは日本の食料備蓄の話。
江戸時代の飢饉時非常食は身近な野草でした

第315回「日本人と自然」

食べられる野草に印をつけてみよう

 

第315回「日本人と自然」

食べられる野草は、スミレ、タンポポ、ハコベ、

ノカンゾウ、オニタビラコ等。

食べてみたらおいしかったよ

 

第315回「日本人と自然」

シラカシの木は堅く、幹は農具や焚き木、

落ち葉はたい肥等、色々なものに

利用されました

第315回「日本人と自然」

南斜面は常緑樹、北斜面は落葉樹林

第315回「日本人と自然」

落葉樹の北斜面で、早春に咲くカタクリの芽吹きを観る

第315回「日本人と自然」

昭和の森ができる前の航空地図。

今私たちはここの位置にいます

第315回「日本人と自然」

紙芝居で、必要な生活物資は身近な自然の木々や

植物から採り、必要以上に採らない工夫等の説明。

第315回「日本人と自然」

昔は、コブシの花が咲き始めたら稲の種まきをしました

 

第315回「日本人と自然」

タチツボスミレ、キジムシロ、アズマヒキガエルの

カエル合戦等が観られました

参加者・大人21名・子ども3名・指導員8名・計32名

 

自然観察ちばHPリンクはこちら(外部サイトへリンク)

 

このページの情報発信元

都市局公園緑地部緑公園緑地事務所

千葉市緑区土気町22

電話:043-294-2884

ファックス:043-294-2869

midori.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)