ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 都市計画・都市景観 > 海辺の活性化事業 > 千葉中央港地区のまちづくり > 千葉中央港地区を拠点とする旅客船事業者等について

ここから本文です。

更新日:2016年3月25日

千葉中央港地区内旅客船桟橋を拠点とする旅客船事業者及び係留船舶の決定について

千葉中央地区(千葉市中央区中央港1丁目)で建設中のみなとの活性化を図るため、地内の旅客船桟橋を拠点とする旅客船事業者及び係留船舶の募集を行い、書類審査の結果、以下の旅客船事業者を決定しましたのでお知らせします。

選考結果

募集に対して4社より申込みがあり、書類審査により2社を選考。[記者発表資料(PDF:237KB)](PDF:236KB)

事業者名

提案概要と選考理由

千葉県千葉市中央区中央港1-6-1

千葉ポートサービス株式会社

代表取締役管野利藏

・千葉港内遊覧(毎日)/幕張メッセ沖遊覧(日祭日)

・幕張メッセ沖遊覧の増便/ガイド充実

→千葉港での安定した運航実績があり、小学校など団体需要を取り込める船舶を有する

 

東京都港区浜松町1-1-10

日東商船株式会社

代表取締役西田

・東京(羽田)周遊や工場夜景クルーズ

・旅行ツアーとのタイアップ企画

→旅行会社との連携や今までにないコース設定による需要創出・集客が期待できる

次点(株)ケーエムシーコーポレーション※

※運航頻度は少ないものの、他社にはない魅力的な船舶を有すること、周辺事業者と連携したクルーズ企画など、みなとの活性化が期待できる内容でした。このため、旅客船桟橋の「沖側」に船舶を係留し、臨時的な船の運航を行うことになりました。

募集の経緯

(1)背景:千葉中央港地区では、平成27年度末に旅客船桟橋等の一部完成が予定されており、当該桟橋を拠点に日常的に運航する旅客船事業者(及び係留船舶)を募集し、みなとの活性化に繋げる。

(2)募集期間:平成27年12月10日(木曜日)~平成27年12月24日(木曜日)

(3)募集内容:こちらのページをご覧ください


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局 海辺活性化推進課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5348

ファックス:043-245-5695

umibe.UR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)