ホーム > 若葉区役所 > 若葉区の紹介 > 区の取り組み > 若葉区地域活性化支援事業トップページ > 若葉区地域活性化支援事業 令和2年度補助金交付団体

ここから本文です。

更新日:2020年7月17日

若葉区地域活性化支援事業 令和2年度補助金交付団体

区民の皆さんが主体となって、地域の活性化及び地域における課題解決等を行う活動に対して、その活動経費を助成し、地域活性化を図ることを目的とした事業です。

令和2年度は、下記の団体に補助金を交付しています。

  1. 地域づくり活動支援:4団体(新規1団体、昨年から継続3団体)
  2. 区テーマ解決支援※:4団体(新規2団体、昨年から継続2団体)

※区テーマ解決支援:「農」「里山」「貝塚」等の地域資源を活用し、広くPRする取り組み。スポーツ等を用いた多文化共生社会実現の取り組み。

地域づくり活動支援

団体名 事業名 事業概要
ごきげんちっち  親子のためのおむつ外しお助け事業  子育てが「孤育て」になってしまいがちな中、おむつ外しに悩む親子を対象とした座談会・講演会を開催することにより、仲間づくりの場やトイレトレーニングを進める活力となる。
おやこぷれいす ちるる 今の子育てがもっと楽しくなるためのサポート事業 子育て世代が気軽に集まれる場所の提供、育児疲れをリフレッシュするためのイベントの開催など、子育て中の親をサポートすることで子育ての質を高める。
第4みつわ台ハイツ支えあいの会・愛の手 地域支えあい活動 団地形式の住環境のなかで、とくに高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるために必要な支援活動を目的とする。
特定非営利活動法人 縁・ENISHI 子ども食堂

地域の子供たちに食事や学習指導、居場所の提供をし、子ども達の豊かで充実した生活と社会づくりに寄与することを目的とする。

区テーマ解決支援

団体名 事業名 事業概要
 NPO法人アワーズ美助っ人クラブ  ウォーキングで地域づくり  各世代が交流できる取り組みを行い、絆を深めることで、ともに助け合うまちづくりをする。健康ウォーキングマップを作成し、子どもから高齢者まで参加できるイベント等を開催する。
 加曽利貝塚ともに生きるプロジェクト  加曽利貝塚どんぐり&クッキープロジェクト  加曽利貝塚博物館のお土産づくりおよび地域の福祉施設の知名度向上や販路開拓を目的とし、福祉施設などと協働してどんぐりの採取・どんぐり粉を用いたクッキーの作成・販売を行う。

 NPO法人加曽利貝塚博物館友の会

 若葉区の財産、”縄文と豊かな自然をもっと知ろう”運動の推進  平成29年に特別史跡に指定された「加曽利貝塚博物館」に対し、その活動を50年にわたって積極的に支援してきた「NPO法人加曽利貝塚博物館友の会」の今後の特別史跡に対応するふさわしい体質改善・活性化を行い、若葉区のもてる”縄文””豊かな自然”に目を向けた開発を行い、地域振興・博物館の発展に多いに寄与することを目的とする。

 植草学園大学 芸術・文化推進プロジェクト

 縄文オペラ《加曽利貝塚物語》の創作・上映事業  若葉区の住民、施設が協力して加曽利貝塚をテーマとした物語を創作し、そこから台本を作り音楽劇を創作・上演する。地域の文化遺産について学び、それに基づく創作芸術活動を行うことで、郷土の文化への更なる愛着心が高まり活性化に繋げていく。

  

このページの情報発信元

若葉区 地域振興課

千葉市若葉区桜木北2丁目1番1号

電話:043-233-8120

ファックス:043-233-8162

chiikishinko.WAK@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)