ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > 財政 > 資産の総合評価 > 平成26年度資産の総合評価実施状況

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年4月27日

平成26年度資産の総合評価実施状況

千葉市では、資産経営システムに基づき資産の総合評価を実施しています。

平成26年度は、野球場や体育館などのスポーツ施設(24施設)と文化系施設のうち博物館等(6施設)を対象に評価を行いました。
そのうち、データ評価で課題ありとなった19施設について総合評価を行い、見直しの必要性や方向性を示します。

評価結果の概要

施設グループ 施設数 総合評価実施数

総合評価結果※1

見直し 当面継続 継続(計画的保全対象)
スポーツ施設

24

16

2

9

5

文化系施設

6

3

0

3

0

合計

30

19

2

12

5

※1総合評価結果区分

見直し:次年度に利用調整に着手する施設※2

当面継続:現時点では利用を継続するものの、将来的には見直しを検討すべき施設

継続(計画的保全対象):周辺施設の状況、利用状況、規模、立地等から将来に亘り利用すべき施設

※2利用調整

利用方針(案)の作成から利用方針に基づく取組みの実施までを利用調整といいます。評価結果が「見直し」の施設について、総合評価で示された方向性に基づき、次年度に利用調整に着手します。

 

【平成26年度資産の総合評価の流れ】

平成26年度資産の総合評価の流れ

 

各施設の評価結果(ページ下部へ移動します)

1ータ評価

資産データベースに集約した施設情報をもとに、建物性能、利用度、運営コストを評価指標とし、定量評価を行います。
測定指標ごとにベンチマークを設定し、1つでも該当する場合は、「課題あり」として総合評価を行います。
ベンチマークに該当しない施設は、総合評価を行わず、「継続利用」とします。

対象施設のグループ分け

データ評価では、利用度、運営コストの評価要素に対して、施設間の相対評価を行うため、スポーツ施設と文化系施設に分けて、相対評価を行います。

なお、スポーツ施設の利用度については、施設の機能(種目)ごとに8つのグループに分け、相対評価を行います。

【スポーツ施設のグループ】

1.野球場2.庭球場3.球技場・多目的運動場・陸上競技等4.プール5.体育館・屋内運動場6.武道場7.温水プール8.その他(ゴルフ場、ヨットハーバー、アイススケート場)

ベンチマーク

スポーツ施設についてはアからオ、文化系施設についてはカからケに、1つでも該当した場合、「課題あり」として、総合評価を実施します。

評価指標 スポーツ施設のベンチマーク 文化系施設のベンチマーク
建物性能 ア.工作物(グラウンド・プール等)の耐用年数超過(屋外施設) カ.残耐用年数15年以下
イ.残耐用年数15年以下(屋内施設) キ.耐震性能不足
ウ.耐震性能不足(屋内施設) -
利用度 エ.稼働率又は面積当たり利用者数が5段階評価で2以下(グループ内相対評価) ク.面積当たり利用者数が5段階評価で2以下(グループ内相対評価)
運営コスト オ.利用者当たり運営コストが5段階評価で2以下(グループ内相対評価) ケ.面積当たり運営コストが5段階評価で2以下(グループ内相対評価)

 

データ評価の概要・ベンチマークの設定の考え方(PDF:456KB)

データ評価結果

グループ

スポーツ施設

文化系施設

施設数

24施設

6施設

課題なし

7施設

2施設

課題あり(総合評価を実施)

16施設

3施設

その他※1

1施設

1施設

総合評価への抽出率

67%

50%

※1その他

スポーツ施設のうち高洲市民プールについては、既に建替えに着手しているため、総合評価は行いません。

文化系施設のうち加曾利貝塚博物館については、特別史跡指定に向けた施設のあり方について、別途方針決定予定であるため総合評価は行いません。

 

各施設のデータ評価結果(PDF:450KB)

 

2合評価

データ評価で「課題あり」となった21施設のうち方針決定済み等の2施設を除く19施設について、総合評価を行います。

総合評価では、建物性能、利用度、運営コスト、内部価値、市場価値の5つの視点から分析・検討し、総合的な評価を行います。
評価結果は、「資産の総合評価シート」として示します。
また、評価結果には直結しませんが、分析・検討を行う中で見えた、施設利用の効率性向上のために検討すべき主にソフト面の課題についても示しています。

評価結果

ご覧になりたい施設の評価番号をクリックしていただくと、「資産の総合評価シート」をご覧になれます。
評価番号が「-」の施設は、データ評価で課題なし等により「資産の総合評価シート」の作成を行っていません。

総合評価の概要(PDF:1,432KB)

資産の総合評価シートの見方(PDF:246KB)

 

評価番号 施設名称 評価結果 方向性
26-1(PDF:250KB) 千葉公園スポーツ施設 見直し 類似機能の統合
26-2(PDF:241KB) 武道館 見直し 類似機能の統合
26-3(PDF:229KB) 千葉ポートアリーナ 継続利用 継続(計画的保全対象)
26-4(PDF:252KB) 蘇我スポーツ公園 継続利用 継続(計画的保全対象)
26-5(PDF:245KB) 青葉の森スポーツプラザ 継続利用 当面継続
- 宮崎スポーツ広場 (データ評価で課題なし。継続利用)
- 花島公園スポーツ施設 (データ評価で課題なし。継続利用)
26-6(PDF:237KB) こてはし温水プール 継続利用 継続(計画的保全対象)
- 犢橋公園 (データ評価で課題なし。継続利用)
- 宮野木スポーツセンター (データ評価で課題なし。継続利用)
26-7(PDF:244KB) みつわ台第2公園スポーツ施設 継続利用 継続(計画的保全対象)
26-8(PDF:227KB) 北谷津温水プール 継続利用 当面継続
26-9(PDF:238KB) 中田スポーツセンター 継続利用 当面継続
26-10(PDF:217KB) 大宮スポーツ広場 継続利用 当面継続
26-11(PDF:205KB) 市民ゴルフ場 継続利用 当面継続
26-12(PDF:227KB) 古市場公園スポーツ施設 継続利用 当面継続
- 有吉公園スポーツ施設 (データ評価で課題なし。継続利用)
26-13(PDF:225KB) 昭和の森 継続利用 当面継続
26-14(PDF:221KB) 幸町公園 継続利用 当面継続
- 高洲市民プール (建替え着手済み。評価せず)
26-15(PDF:275KB) 稲毛海浜公園スポーツ施設 継続利用 当面継続
26-16(PDF:230KB) 袖ヶ浦第4緑地 継続利用 継続(計画的保全対象)
- 千葉アイススケート場 (データ評価で課題なし。継続利用)
- 千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド) (データ評価で課題なし。継続利用)
26-17(PDF:269KB) 市民ギャラリー・いなげ 継続利用 当面継続
- 美術館 (データ評価で課題なし。継続利用)
26-18(PDF:258KB) 郷土博物館 継続利用 当面継続
- 加曽利貝塚博物館 (あり方について別途検討。評価せず)
26-19(PDF:248KB) 埋蔵文化財調査センター 継続利用 当面継続
- 科学館 (データ評価で課題なし。継続利用)

評価結果トップへ戻る

地図上で、施設の位置をご覧いただけます。(PDF:526KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

財政局資産経営部資産経営課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5283

ファックス:043-245-5654

shisankeiei.FIA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)