ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 意見・パブリックコメント > 千葉市公共施設見直し方針(案)に関するパブリックコメント手続実施

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年5月24日

千葉市公共施設見直し方針(案)に関するパブリックコメント手続実施

対象施策の案

千葉市公共施設見直し方針(案)

所管課

財政局資産経営部資産経営課

意見の提出期間

平成26年4月15日(火曜日)から平成26年5月14日(水曜日)まで ※意見の募集は終了しました。

対象施策の案の趣旨、目的及び背景

千葉市は、戦後の高度経済成長から政令指定都市への移行等の都市の成長期において、小中学校やコミュニティセンターなどの公共施設を積極的に整備してきました。
しかしながら、これまで成長・拡大を続けてきた本市も、総人口が平成32年をピークに減少に転じ、少子超高齢化も一層進展する見通しであることなどを踏まえ、集約型都市構造への転換を長期に見据えるなど、まちづくりの重大な転換期を迎えています。
また、都市の成長期に整備した公共施設の大半が老朽化し、今後30年間で集中的に更新時期を迎えます。その更新に必要なコストは、現状の財政状況で対応できるレベルを大幅に超える見通しであり、このまま対策を取らなければ、市民サービスの提供に支障が生じることはほぼ確実な状況です。
そこで、資産経営の最適化に向けた取り組みを進めるため、老朽化に伴い、近い将来、集中的に更新時期を迎える公共施設(ハコモノ)に焦点を当てた、千葉市公共施設見直し方針を策定します。

対象施策の案の概要

本方針の構成は、次のとおりです。

1 策定の趣旨

本方針を策定する目的や背景について記述しています。

2 方針の位置づけ

本方針の本市の計画体系における位置づけや、資産経営の推進における役割について説明しています。

3 対象施設の範囲

本方針が対象とする施設の範囲を定めています。

4 現状と課題

公共施設の見直しにあたり、本市を取り巻く現状と課題を整理しています。

5 見直しの基本方針

適切な市民サービスを持続的に提供していくため、3つの基本方針を定め、その考え方を説明しています。

  1. 施設利用の効率性向上
  2. 施設の再配置
  3. 施設総量の縮減

6 見直しのアプローチ

見直しの基本方針を推進するための具体的な取り組みとして、全体的なアプローチ(取り組みの基本姿勢、アクションプランの策定など)及び施設グループごとのアプローチ(小中学校など、再配置の検討にあたり影響の大きい施設グループについての見直しの方向性)を定めています。

7 取り組みスケジュール

本方針の策定に向けたスケジュールや、他の個別計画との連携について説明しています。

8 取り組みの推進にあたって

関係機関との連携強化、市民・議会への理解促進、本方針の検証・見直しについて説明しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

財政局資産経営部資産経営課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5283

ファックス:043-245-5654

shisankeiei.FIA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)