ここから本文です。

更新日:2018年7月3日

研修実績

 

研修実績(2016年度 基本的能力評価試験の結果)

 2016年度 基本的臨床能力評価試験(※1)において、青葉病院が全国で318病院中55番目の成績を修めました。

参加病院数

順位

当院

全国平均

偏差値

318

55

59.6

55.7

60.1

 

※1:特定非営利活動法人日本医療教育プログラム推進機構(JAMEP)が主催する初期研修医を対象とした臨床能力レベル評価試験で、客観的な臨床能力の実力を知ることが出来る試験です。

 

研修管理委員長 梶原 秀喜からのコメント

当院は平成16年に新医師臨床研修制度がスタートしたときから初期研修医を採用しており、現在は基幹型5名、協力型3名の研修医を採用しています。当院の研修医には、幅広い症例に深く携われ重要なスタッフとして病院の仕事に関われるような研修体制・プログラムを構築してまいりました。今回当院の研修医がこのような成績を修めることができたことは、とても励みとなります。今後も、地域医療の立場に根ざし、患者の立場に立った全人的な医療が実践できる、幅広い知識と資質を有する医師を育成できるプログラムを構築していきたいと思います。

項目毎の獲得点数(平均点)

項目毎の獲得点数平均点

 

研修実績(平成26年度の研修医の例)

<1年目>

診療科 期間 研修内容
外科 3ヶ月 消化器・乳腺・一般外科、担当症例(主治医として):8例 初診外来:50例
手術助手:50例、外来小外科処置:2例、執刀医:1例
EMR、ESD:50例、イレウス管挿入、胆嚢穿刺、血管造影、GF、CF
麻酔科 1.5ヶ月 担当麻酔症例:43例、気管内挿管:34例、ラリンジアルマスク:1例
硬膜外麻酔:4例、中心静脈ライン挿入:1例、
伝達麻酔:6例
救急部 1.5ヶ月 集中治療(人工呼吸管理、血液浄化療法など)
緊急初期治療、熱傷管理など
内科 6ヶ月

担当症例

領域 症例数
脳神経 4
内分泌・代謝 6
消化器 17
循環器 12
呼吸器 18
血液 6
腎臓 3
感染症 2
アレルギー・膠原病 0
合計 68

中心静脈ライン挿入(術者として):12例、気管挿管:0例、胸水穿刺:4例
胸腔ドレナージ:4例、腹水穿刺:4例、腰椎穿刺:5例、骨髄穿刺:12例、骨髄生検:2例
腹部超音波検査:90例、上部消化管内視鏡検査:80例

<2年目>

診療科 期間 研修内容
精神科 1ヶ月 担当症例(主治医として):1例、
他科よりのコンサルテーションを数多く担当
産婦人科 1ヶ月 正常分娩:4例、帝王切開:6例、全身麻酔下手術助手:35例
LEEP D&C:25例
小児科 2ヶ月 担当症例:68例
気道感染、尿路感染、消化器感染、脳脊髄膜炎他
地域医療 1ヶ月 診療所 初診外来 1日当たり20例 往診など
皮膚科
(選択科)
1ヶ月 初診外来:205例、担当患者:7例、手術助手:8例、外来小手術:5例
内科
(選択科)
6ヶ月

担当症例

領域 症例数
脳神経 7
内分泌・代謝 6
消化器 13
循環器 2
呼吸器 18
血液 16
腎臓 3
感染症 2
アレルギー・膠原病 1
合計 68

中心静脈ライン挿入(術者として):8例、気管挿管:1例
胸水穿刺:6例、腹水穿刺:3例、腰椎穿刺:8例
胸腔ドレナージ:4例、骨髄穿刺:10例、骨髄生検:3例
心臓超音波検査:18例、腹部超音波検査:70例、上部消化管内視鏡検査:110例

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)