ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 医療 > 助成 > 難病の患者に対する医療等に関する法律に基づく医療費助成制度のご案内

ここから本文です。

更新日:2018年6月4日

難病の患者に対する医療等に関する法律に基づく医療費助成制度のご案内

難病の患者に対する医療等に関する法律に基づき、平成27年1月1日より新たな医療費助成制度が開始され、平成30年4月から対象疾患が331に拡大されました。

医療費助成の対象疾患(指定難病)に罹患され、医療費の支給認定を受けた方が指定された医療機関で治療を受けた際、医療費を助成します。

対象者

国の指定する指定難病に罹患し、以下の条件を満たす方

  1. 症状の程度がある一定以上の方
  2. 高額な医療を継続することが必要な方(軽症高額該当者のページを参照)
    国の指定する指定難病(331疾患)(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

医療費助成の内容

都道府県もしくは政令指定都市の指定する指定医療機関(病院、診療所、薬局、訪問看護事業所等)で受けた指定難病にかかる医療費を助成します。指定医医療機関で受診した際に、「特定医療費(指定難病)受給者証」と「自己負担限度額管理手帳」をご提示ください。

  • 医療保険の自己負担割合が2割になります。
     
  • 月ごとに、受診した医療機関、薬局等での医療費の自己負担をすべて合算し、自己負担限度額を越えた部分について医療費を助成します。→自己負担限度額表(PDF:127KB)

千葉市内の指定医療機関については、「指定医療機関の申請について」からご確認ください。

助成対象となる医療の内容

  • 診察、薬剤の支給、医学的処置、手術及びその他の治療
  • 居宅における療養上の管理及びその治療に伴う世話その他の看護
  • 病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護

助成対象となる介護の内容

  • 訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、介護療養施設サービス
  • 介護予防訪問看護、介護予防訪問リハビリテーション、介護予防居宅療養管理指導

医療費助成の対象とならない費用の例

  • 医療費の支給認定を受けていない病気やけがによる医療費
  • 医療保険が適用されない医療費(保険診療外の治療・調剤、差額ベッド代など)
  • はり・きゅう・あんま・マッサージの費用
  • 臨床調査個人票(診断書)の作成の費用、療養費の申請のための証明を受けるときにかかる費用など

申請のご案内

新たな医療費制度を新規に申請をされる方

申請に必要な書類

(1)特定医療費(指定難病)支給認定申請書(エクセル:56KB)

(2)臨床調査個人票(難病指定医が記載したものに限る)

難病情報センター(外部サイトへリンク)からダウンロードしてください。

指定医の一覧は、「指定医の申請について」からご確認ください。

(3)健康保険証の写し及び同意書(PDF:63KB)

(4)世帯の所得を確認できる書類

(5)世帯構成が確認できる住民票(続柄入り)

(5)個人番号調書(エクセル:53KB)

(6)マイナンバー本人確認書類

※(7)から(9)は該当者のみ必要となります。

(7)軽症者特特例に該当することを証明する医療費申告書(PDF:120KB)3か月分と領収書等

軽症者特例とは、指定難病の診断を受けているが、国の定めた病状の基準(重症度に係る部分)を満たしていない場合であっても、申請月以前の12月以内に指定難病に係る医療費の総額(保険適用される前の10割分)が33,330円を超える月数が3回以上ある場合は、認定を受けられることがあります。

(8)世帯内に指定難病または小児慢性特定疾病の受給者がいる場合、受給者証の写し

(9)非課税世帯の場合の、収入等を確認する書類

申告書(PDF:124KB)

(公的年金や障害基礎年金等の収入・給付を受けていないことを証する書類)

承諾書(PDF:80KB)

(公的年金や障害基礎年金等の収入・給付を証する書類の提出を省略し、低所得2(月額自己負担限度額5,000円)の所得区分として決定を受けるための書類)

 

※(4)及び(5)は省略できる場合があります。

※所得を確認できる書類については、加入している健康保険により、必要な方が異なります。詳細は所得に関する書類等について(PDF:96KB)をご確認ください。

※所得を確認できる書類は、新規申請の場合、平成30年6月以前の申請では平成29年度のもの、平成30年7月以降の申請では平成30年度のものが必要になりますので、ご注意ください。

指定難病医療費助成の変更手続きについて

療養費の還付について

特定医療費(指定難病)受給者証の有効期間の開始日から受給者証がお手元に届く間にお支払いになった指定難病の医療費のうち、自己負担限度額を超えた医療費等については、後日還付請求することができます。還付請求用の書類は、認定された際に受給者証等と一緒に送付いたします。

還付請求時には、指定医療機関の領収書(原本)の添付が必要です。領収書を紛失した場合やコピー、領収証明書等では還付ができませんので、領収書は大切に保管しておいてください。
 

千葉市指定難病審査会について

特定医療費(指定難病)支給認定に関し、申請者の認定に関する事項等について審議する審査会です。

審査会について

申請窓口・お問い合わせ

お住まいの区の保健福祉センター健康課までご申請・お問い合わせください。

所在地 電話
中央区 〒260-8511 中央区中央4-5-1Qiball(きぼーる)11階 043-221-2583
花見川区 〒262-8510 花見川区瑞穂1-1 043-275-6297
稲毛区 〒263-8550 稲毛区穴川4-12-4 043-284-6495
若葉区 〒264-8550 若葉区貝塚2-19-1 043-233-8715
緑区 〒266-8550 緑区鎌取町226-1 043-292-5066

美浜区

〒261-8581 美浜区真砂5-15-2

043-270-2287

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)