ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 医療 > 助成 > 産科医療補償制度及び出産育児一時金

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2013年3月11日

産科医療補償制度及び出産育児一時金

産科医療補償制度について

平成21年1月1日以降に生まれた赤ちゃんを対象に、分娩に関連して重度脳性麻痺を発症した場合、補償金が支給される制度です。
分娩を取り扱っている病院、診療所、助産所が「公益財団法人日本医療機能評価機構」が運営する保険に加入することにより、補償が受けられます。詳しくは、かかりつけ分娩機関にお問い合わせください。
なお、「制度及び補償内容について」ご不明な点がございましたら、公益財団法人日本医療機能評価機構 電話03-5800-2231へお問い合わせください。

大切なお知らせ

補償申請の期限は、お子様の満5歳の誕生日までです。
(例えば、平成21年に生まれたお子様は平成26年の誕生日までとなります。)
満5歳の誕生日を過ぎると、補償申請を行うことができません。
該当すると考えられるお子様については、それまでに補償申請の手続きをお願いします。

*産科医療補償制度に関するリンク

出産育児一時金について

産科医療補償制度の開始に伴い、1分娩ごとの掛け金として、3万円をご負担いただくことになったことから、国民健康保険、社会保険等の出産育児一時金が平成21年1月1日以降の出産から増額されています。詳しくは、ご自身が加入する健康保険組合等へお問い合わせください。
なお、千葉市の国民健康保険に加入している方については、健康保険課の「千葉市国民健康保険出産育児一時金」のページをご覧ください。

健康保険課千葉市国民健康保険出産育児一時金のご案内のページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)