ホーム > くらし・地域・手続 > くらし・生活・相談 > ペット・動物 > 譲渡に関わるボランティア(譲渡事業協力者)を募集しています

ここから本文です。

更新日:2017年6月5日

譲渡に関わるボランティア(譲渡事業協力者)を募集しています

千葉市動物保護指導センターでは、犬猫の譲渡事業について、協力いただけるボランティア(団体及び個人)を募集しています。

ボランティア活動をしていただける方へ

1:ボランティア譲渡・収容動物のトリミングやお散歩などのボランティア活動を当センターで行うにあたっては、あらかじめ登録を行ってください。

2:ボランティア譲渡を希望する団体及び個人(以下「協力者等」という。)は、次の要件を満たしている必要があります。

「ボランティア譲渡」・・・ボランティアが一旦センターからどうぶつを譲り受け。各自の判断等で最終飼養者に譲り渡すこと。

ボランティアの要件

(1)協力者等(団体にあってはその代表者)は成人であること。
(2)活動が非営利であって、動物愛護を目的としていること。
(3)関係法令等を遵守できること
(4)職員と密接な協議のもとに、動物を適正に扱うことができること。
(5)誓約書の内容を理解し、遵守できること。
(6)その他、所長が指示する事項を遵守できること。
(7)ボランティア譲渡活動を行う場合は、(1)~(6)の要件に加えて、以下の要件を満たすこと。
ア:登録者本人がセンターに来所し、動物を譲受できること。
イ:譲り受けた動物を適正に保管できる飼養環境を確保できること。集合住宅、賃貸住宅等に居住する者にあっては、当該住居において希望する動物の飼養が認められていること。なお、登録している協力者等が一時的に飼養を依頼する団体の構成員(以下「一時飼養者」という。)及び広域的に譲渡を行うため協力を依頼する他のボランティア団体又は個人(以下「広域協力ボランティア」という。)がいる場合の飼養場所も同様とする。
ウ:動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)第24条の2に規定する第二種動物取扱業に該当する場合は、その届出を行っていること。なお、一時飼養者及び広域協力ボランティアについても、同様とする。
エ:譲渡動物を適正に飼養管理するための必要な知識を最終飼養者に教示できること。
オ:最終飼養者に譲渡後の飼養状況確認を行えること。なお、最終飼養者に不適正飼養があった場合、センターに報告ができること。
カ:事業協力実施状況を定期的に報告できること。

登録申請

1:登録の際は次の書類を提出し、申請してください。
(1)譲渡事業協力者等登録申請書(様式第1号)
(2)誓約書(事業協力者用)(様式第2号)
(3)団体にあっては規約、役員名簿
(4)譲受を行う場合は、次に掲げる書類
ア:動物保管施設の平面図(様式第1号への添付書類)
イ:一時飼養者及び広域協力ボランティア名簿(様式第3号)

2:申請者が団体であっても、センターで実際に活動を行う者を登録者として登録します。団体の代表者がセンターで活動を行わない場合は、登録者である団体の構成員の中から責任者を選出してください。

3:飼養施設は、登録の確認のため原則としてセンターが訪問します。

4:登録された個人には、登録証を交付します。活動に際しては着用をお願いします。有効期間は3年間です。

譲り受けた動物の飼い主の選定<<ボランティア譲渡の場合>>

1:譲り受けた動物の飼い主は、終生適正飼養の観点から以下の条件で選定してください。

2:各ボランティアにおいて、条件を加えることは差支えありません。

譲渡の条件

(1)愛玩目的で、終生飼養すること。
(2)千葉市内在住であること。(ボランティアからの譲渡の場合、例外として除きます。)
(3)年齢が20歳から60歳であること。独居でないこと。(ただし、61歳以上又は独居の場合は、飼えなくなったとき、代わりに飼うことができる条件を満たした方の同意書を提出いただける場合は、この限りではありません。)
(4)動物を適正に飼養するための十分な費用を負担できること。
(5)動物の飼養について、同居する家族全員の同意があること。
(6)飼える住居であること。(規約・契約書の写し又は証明書を提出いただきます。)
(7)飼養する頭数が、犬は3頭以下、猫は5頭以下、計5頭以下になること。
(8)現に飼養している犬の登録及び狂犬病予防注射を実施していること。
(9)飼い主のいない猫に給餌していないこと。
(10)現に飼養している動物の不妊手術を実施していること。
(11)入院を要する病気治療中でないこと。
(12)犬の毎日の散歩など、日常のお世話ができること。
(13)出産、介護を要する者が家族にいないこと。
(14)避妊去勢手術を実施し、報告すること。
(15)猫は室内で飼い、外に出さないこと。
(16)番犬目的で、吠える犬を希望していないこと。

 


動物保護指導センターのトップページへもどる

 

 

このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課動物保護指導センター

千葉市稲毛区宮野木町445番地1

電話:043-258-7817

ファックス:043-258-7818

dobutsuhogo.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)