ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 食品 > 食中毒 > つぶ貝(バイ貝)を食べる際には十分注意しましょう。

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2009年11月30日

つぶ貝(バイ貝)を食べる際には十分注意しましょう。

つぶ貝(バイ貝)を食べることにより、めまい、ものが二重に見える等の視覚異常や頭痛などの食中毒様症状を呈することがあります。
これは、これらの巻貝の唾液腺中に含まれるテトラミンという毒素により起こることからテトラミン中毒とも呼ばれています。
予防のために、調理する前に唾液腺を除去しましょう。

1 つぶ貝(バイ貝)とは

エゾバイ科を中心とした巻貝を総称して「つぶ(ツブ)」又は「バイ」と呼ばれています。
関東の市場等にも多く流通しています。
エゾバイ科の貝には、エゾボラモドキ、ヒメエゾボラ及びチョウセンボラなどがあります。

2 症状

めまい、ものが二重に見えるなどの視覚異常や頭痛などの食中毒症状を呈することがあります。症状は一過性で、通常数時間で症状は回復します。死亡例は報告されていませんが、注意が必要です。

3 テトラミン

テトラミンは、肉食性の巻貝の唾液腺に含まれる毒素で、加熱しても分解されないため、生食・加熱に関係なく、調理の前に唾液腺を確実に除去することが必要です。
貝の種類や個体によって含まれているテトラミンの量は異なりますが、1個分の唾液腺でも症状が出ることがあります。

4 対策

調理の際、唾液腺を取り除くことが重要です。
唾液腺は、乳白色から淡黄色を呈する器官で1対(2個)あります。
貝殻から身を取り出し、貝のフタを下にして置き、貝の身を中心で切り開くと、左右に1対(2個)の唾液腺が確認できます。
手などでしごくと取れますので、取り除いたら十分水洗いして調理してください。

つぶ貝
(エゾボラモドキ)
切り開いた貝の身
(指しているのが唾液腺)
除去した唾液腺と貝の身
(右:唾液腺)
つぶ貝(エゾボラモドキ) 貝の中の唾液腺 唾液腺を除去した画像

5 お願い

事業者がこれらの貝を殻付きのまま、あるいは切り身等に加工しないで販売する場合は、購入者に対して当該部位の処理方法について適切に説明、指導願います。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階

電話:043-245-5213

ファックス:043-245-5556

seikatsueisei.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)