ここから本文です。

更新日:2019年4月9日

沿革

昭和13年11月 伝染病患者収容の目的で隔離病舎設置の許可を受ける
昭和14年7月 市立葛城病院竣工
昭和14年8月 千葉市立葛城病院設置(竣工届出)(伝染病床数28床)
昭和15年6月 病床数変更(伝染48床)
昭和25年3月 病床数変更(伝染28床、結核20床)
昭和26年4月 病床数変更(伝染30床、結核50床)
昭和28年7月 病床数変更(伝染30床、結核100床)
昭和34年4月 千葉市立病院使用条例と千葉市立療養所使用条例を統一し、千葉市立葛城病院使用条例を設置
昭和39年6月 病床数変更(伝染12床、結核65床)
昭和40年3月 伝染病棟竣工(鉄筋コンクリート造2階建)
昭和40年5月 伝染病棟完成(伝染50床、結核77床)
昭和42年3月 精神神経科病棟竣工(鉄筋コンクリート造2階建)
昭和42年12月 病床数変更(精神100床、(うち児童64床)、伝染50床、結核53床)
昭和43年3月

本館(A棟、鉄筋コンクリート造4階建)サービス棟竣工

昭和43年4月

千葉市立葛城病院を千葉市立病院に名称変更

(地方公営企業法の財務規程等の運用)

昭和43年8月 病床数変更(一般124床、精神100床、伝染50床、結核50床)
昭和47年5月 新館(B棟)完成(鉄筋コンクリート造4階建)
昭和47年6月 病床数変更 (一般174床、精神100床、伝染50床、結核53床)
昭和50年11月

結核病棟廃止

病床数変更(一般187床、精神100床、伝染50床)

昭和53年12月 敷地面積及び病棟増設(一般199床、精神100床、伝染50床)
昭和54年9月 集中治療棟完成(鉄筋コンクリート造2階建)
昭和54年10月 病棟増設及び病床数変更(一般199床、精神40床、伝染50床)
昭和54年10月 病床数変更(一般206床、精神40床、伝染50床)
昭和55年3月 救急病院告示
昭和59年10月 診療機能の一部(未成熟、新生児センター等)を千葉市立海浜病院に移転
昭和60年5月 病床数変更(一般197床、精神40床、伝染50床)
昭和60年7月 病床数変更(一般166床、精神40床、伝染50床)
昭和61年3月 病床数変更(一般170床、精神40床、伝染50床)
昭和61年4月 病床数変更(一般197床、精神40床、伝染50床)
昭和61年5月 病床数変更(一般201床、精神40床、伝染50床)
昭和63年3月

外来診察室及び病床数変更(一般210床、精神40床、伝染40床)

平成6年4月 セミオープンシステム開始
平成10年2月 市立病院再整備基本計画策定
平成10年12月 改築基本設計計画
平成11年1月 青葉病院開設許可(一般305床、精神60床、伝染15床)
平成11年3月 病床数変更(一般226床、精神40床、伝染6床)
平成12年3月 青葉病院建設着手
平成15年3月 青葉病院竣工
平成15年4月 市立病院を廃院
平成15年5月 千葉市立青葉病院を開院(一般314床、精神60床、感染症6床)
平成16年3月 協力型臨床研修病院の指定を受ける(16年4月開始)
平成16年10月 管理型臨床研修病院の指定を受ける(17年4月開始)
平成18年9月 財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価認定を取得(Ver.5)
平成21年4月 DPC対象病院の指定を受ける
平成23年11月 財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価認定を取得(Ver.6)
平成27年10月 救急棟完成(鉄筋コンクリート造3階建、処置室、CT室他)
平成28年4月 地域医療支援病院の名称使用の承認を受ける
平成28年9月 病院機能評価再認定
平成29年4月 災害拠点病院の指定を受ける
平成31年4月 病床数変更(一般307床、精神56床、感染症6床)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)