• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年5月24日

AED(自動体外式除細動器)設置に関する情報

千葉市では市公共施設へのAED設置を進めています。

※現在の市の公共施設設置場所は下記のリンク先の表を確認ください。

【PDF版】市の公共施設設置場所一覧(平成29年3月1日現在)(PDF:378KB)
【EXCEL版】市の公共施設設置場所一覧(平成29年3月1日現在)(エクセル:49KB)

その他の設置に関する情報


AED設置の表示について

AEDが設置されている市役所、各区役所に下記のポスターを掲示しております。

※ポスター下部の『設置場所』のスペースには、AEDを設置している場所を表記しています。



AED設置施設に設置表示板を提示しております。

※下記の設置表示板が掲示されている施設には、AEDが設置されております。



AEDの使用方法と心肺蘇生法を学びましょう!!

突然、心停止を起こした傷病者の命を救うためには、心停止後数分以内に除細動(電気ショック)※注1を行うことが重要です。
なお、これまでAED※注2の使用は、医師・救急救命士等に限られていましたが、平成16年7月から一般の人(非医療従事者)にも認められました。
ただし、救急救命処置の基本となる「CPR(心肺蘇生法)※注3」を身につけることが重要ですので、『普通救命講習』を積極的に受講してください。

<用語>
※注1除細動
心室細動などによる心停止者に電気ショックを与え、その震えを取り除き、正常な心臓の動きを取り戻させる処置。

※注2AED(自動体外式除細動器)
コンピューターを利用した医療機器であり、心室細動などによる心停止者に電気ショックを与え、正常な心臓の動きを取り戻させる機器。
電源をいれると、救助者に対し音声指示が流れ、指示に従い操作すれば、電気ショックの必要性を機械が自動的判断する。医療関係者以外でも安全に使用出来る医療機器。

※注3CPR(心肺蘇生法)
救命のために呼吸(人工呼吸)と循環(胸骨圧迫)を補助する方法。

AED使用イラスト
なお、普通救命講習会は、公益財団法人千葉市防災普及公社(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)
および、各消防署で実施しております。

実施日、申し込み方法については、市政だより(全市版・区版)の掲載記事をご覧ください。
※掲載記事が無い場合もありますので、ご了承ください。

AEDの使い方と心肺蘇生法を動画で確認!!

AED画像

もしもの時のために、AEDの使い方や心肺蘇生法を学びましょう。

下記リンク先ではAEDの使い方や心肺蘇生法を動画で説明しています。

応急手当を身につけましょう~大切な命を守るために~

オープンデータ

AEDオープンデータ290301(エクセル:49KB)

AED設置施設一覧(市公共施設/290301現在)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)