ここから本文です。

更新日:2019年2月18日

ヘルパンギーナ

毎年、夏に乳幼児の間で流行しています。

ヘルパンギーナとは

原因

コクサッキーウイルスなど

感染経路

飛沫、接触、経口により感染します。

潜伏期間

2~4日程度

症状

突然の発熱(38度以上になることが多い)の後、口の中に水ほうができます。水ほうが破れると強い痛みがあります。その他の場所には、ほとんど症状が見られません。
熱は2~4日で下がりますが、症状が落ち着いた後も2~4週間にわたって便からウイルスが出ます。

(合併症について)
まれですが、髄膜炎や脳症等、重症化する場合があります。下記のような症状や急な症状の変化があった時は、療機関へ早めに受診しましょう。

  • 高熱がでる
  • 発熱が2日以上続く
  • 嘔吐する
  • 頭を痛がる
  • 視線が合わない
  • 呼びかけに答えない
  • 呼吸が速くて息苦しそう
  • 水分が取れずにおしっこがでない
  • ぐったりしている

治療

医療機関では対症療法で、特別な治療を必要としないのがほとんどです。
口の中の痛みで水分や食事が取りにくくなりますので、脱水などに注意しましょう。

予防

ワクチンなど特別な予防法はありません。
外から帰った後、食事の前、トイレの後、おむつの交換後などに、しっかり手を洗うようにすることや、うがいをすることがとても大切です。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター地下1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)