• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年2月27日

banner

千葉市から「工場夜景」を観賞しよう!

 近年、観光資源としての「工場夜景」が注目されています。千葉市の臨海部には、日本有数の貨物取扱量を誇る千葉港に沿って工場や食品コンビナートなどの集積があり、夜になるとその工場夜景を観賞することができます。

 千葉市は「全国工場夜景都市協議会」に加盟しており、「日本11大工場夜景」に名を連ねています。千葉市が誇る「琥珀色の夜景」を観賞してみませんか?

 2月23日「工場夜景の日」関連イベント、「工場夜景カード」についての情報はこちら

千葉市から観ることができる工場夜景

煌 cruise01

工場夜景・美の祭典フォトコンテスト入賞作品  (タイトル:「煌」) 

琥珀色の灯りが印象的なJFEスチール東日本製鉄所(コークス炉)

 工場夜景を観賞するには

1. 工場夜景クルーズ(外部サイトへリンク)

 JR千葉みなと駅から徒歩約7分、ケーズハーバーに併設の千葉みなと旅客船さん橋から、千葉港を周遊するクルーズ船が出航しています。クルーズ船に乗船すると間近に広がる大迫力の光景を目で楽しめるほか、機械音や蒸気音を耳で楽しめるなど、工場夜景の魅力を全身で体感することができます。

 工場夜景クルーズは、現在、千葉ポートサービス(株)(外部サイトへリンク)が運行しています。

クルーズ船から観ることができる工場夜景

cruise01 cruise02

水面に映るコークス炉

ガントリークレーンとタンカー

cruise03 cruise04

ナトリウム灯のあかりが印象的なJFEスチール

季節によっては夕景も観賞が可能

 

PIERO1

  

2.千葉ポートタワー(外部サイトへリンク)

 千葉市のランドマーク「千葉ポートタワー」。地上113mからの眺めは「日本夜景遺産」にも認定されています。展望室南側から見るJFEスチール東日本製鉄所の夜景は琥珀色の淡い灯りで統一されており、他の工場夜景とは異なる趣があります。また、同じ階の西側に見える千葉港頭石油ターミナルをはじめとしたタンク群は、オレンジ色と白色の灯りが2色にはっきりと分かれており、そのコントラストが楽しめます。 

千葉ポートタワーから観ることができる工場夜景

tower01

ポート上

南側から見えるJFEスチール東日本製鉄所

タンク3 tower3

西側に見えるタンク群と富士山

南側に見えるガントリークレーン

シーガルキッチン

恋人の聖地 

千葉市はこんなにフォトジェニック!

 このほかにも千葉市から見える工場夜景は様々!プロのカメラマンでなくともこんな写真を撮ることができるんです!みなさんもカメラ片手に千葉市の工場夜景を撮りにいってみませんか? 

※立ち入り禁止区域内での撮影はおやめください。

千葉市から撮影した工場夜景

出津01

出津02

出洲埠頭より

出洲埠頭より

フクアリ01

フクアリ

フクダ電子アリーナそばより

フクダ電子アリーナそばより

 

 2月23日は「工場夜景の日」!(平成31年) 

  「工場夜景の日」は工場夜景を観光資源として活用する都市による「全国工場夜景協議会」が、工場夜景を広く身近に感じて頂くための取組として(一社)日本記念日協会に記念日として申請し、平成28年に認定されました。日付は第1回の「全国工場夜景サミット」が平成23年2月23日に神奈川県川崎市で開かれたことに由来しています。

 千葉市や全国の工場夜景都市で工場夜景の日を記念し様々なイベントが開催されています。ぜひこの機会に全国の工場夜景都市を訪れてみてください。

「全国工場夜景カード」を配布します(平成31年2月23日より) 

 card工場夜景ファン必見!?全国の工場夜景都市でそれぞれの工場夜景を紹介する「全国工場夜景カード」の配布を2月23日より開始します。全国11都市を巡ってコンプリートを目指してみてください♪

※本事業は平成30年度全国工場夜景都市共同事業として実施するものです。

※他市カードの配布先一覧はこちら(PDF:142KB)(別ウインドウで開く)

仕様

名称 「全国工場夜景カード」
仕様 63mm×88mm 両面カラー グロスPP加工
配布部数 2,000部
配布日 平成31年2月23日(土曜日)より、無くなり次第終了
配布場所

・ケーズハーバー(千葉ポートサービス)

・千葉ポートタワー

※全国11市の配布場所一覧はこちら(PDF:143KB)(別ウインドウで開く)

配布方法

①千葉ポートサービス主催「工場夜景クルーズ」に乗船いただいた方

②千葉ポートタワー主催イベント「写真教室&工場夜景撮影会」「写真教室&ダイヤモンド富士撮影会」「サンセットライブ」に参加いただいた方

③千葉ポートタワー入場券を購入いただき、17:00以降に入館いただいた方(受付でご希望の旨お声掛けください)

お問い合わせ先

カードに関すること:千葉市観光プロモーション課(043-245-5066)

①に関すること:千葉ポートサービス株式会社(043-205-4333)

②、③に関すること:千葉ポートタワー(043-241-0125)

 千葉市の工場夜景を楽しむイベントを開催します

①ダイヤモンド富士&工場夜景を楽しむナイトクルーズ

 千葉みなと旅客船さん橋から出航している工場夜景クルーズにあわせ、ダイヤモンド富士特別便が運航!海の上から間近で工場夜景を観賞することができます。

開催日時

平成31年2月23日(土曜日)、24日(日曜日)17時10分~18時20分

平成31年3月10日(日曜日)、24日(日曜日)18時~19時10分

会場 ケーズハーバー(千葉市中央区中央港1-20-1)
参加料金 大人2,000円、小中学生1,000円 ※未就学児1名まで無料
定員 100名(最少催行人員15名)
申込方法 千葉ポートサービスへお電話にてお申込みください。(043-205-4333)
その他 参加者に全国工場夜景カード(千葉市版)をプレゼントします。
 

②写真教室&工場夜景撮影会~千葉ポートタワー屋上から写真撮影

 プロの写真家・早坂卓氏を講師に迎え、特別開放した千葉ポートタワー屋上展望デッキから日本夜景遺産にも選ばれた夜景を撮影します。うれしいワンドリンク付き。

開催日時 平成31年2月23日(土曜日)15時~17時30分
会場 千葉ポートタワー(千葉市中央区中央港1丁目千葉ポートパーク内)
参加料金 3,500円(別途入館料)
定員 10名
申込方法 千葉ポートタワーへお電話にてお問い合わせください。(043-241-0125)
その他 参加者に全国工場夜景カード(千葉市版)をプレゼントします。

 

③ 千葉市・市原市工場夜景写真展「ZEOLITE&AMBER」

 photo昨年10月に「全国工場夜景サミット」を共同開催した千葉市・市原市の写真を千葉市アリオ蘇我店、市原市アリオ五井店の2会場で展示します。白色、琥珀色と異なる特徴を持った2市の工場夜景をお楽しみください。

 

 

 

開催日時

千葉市会場:平成31年2月15日(金曜日)~24日(日曜日)10時~21時

市原市会場:平成31年2月15日(金曜日)~23日(土曜日)9時~21時

会場

千葉市会場:アリオ蘇我店(中央区川崎町52-7)

市原市会場:アリオ市原店(市原市更級4-3-2)

問い合わせ先

千葉市観光プロモーション課(043-245-5066)

市原市観光振興課(0436-23-9755)

 

 ニュース・お知らせ

 「京葉臨海コンビナートの夜景」が「次世代に残したいと思う『ちば文化資産』」に選ばれました!(千葉市・市原市・袖ケ浦市)

 ちば文化資産ロゴ千葉県では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催という千葉県の文化的魅力を発信する絶好の機会をいかし、多くの方に千葉県の文化資産を再認識していただくとともに次世代に継承すべく「次世代に残したいと思う『ちば文化資産』」を選定しました。

 この「ちば文化資産」に「京葉臨海コンビナートの夜景」が選ばれました。千葉市でも引き続き工場夜景の魅力を発信してまいります。

 「次世代に残したいと思う『ちば文化資産』」の詳細はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

千葉あそび(2019早春号)に工場夜景クルーズを楽しむことができるプランを掲載中です。(平成31年2月23日~3月24日)

  千葉市・市原市・四街道市が発行する、市内の「海、里、まち」を満喫できる体験観光プランを紹介した季刊の無料誌「千葉あそび」の最新号に工場夜景クルーズとダイヤモンド富士(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)を楽しむことができるプランを掲載中です。

asobisummer01 asobi18

 千葉あそびで好評の工場夜景を楽しむナイトクルージング。2月は日没前に出航し、ダイヤモンド富士を望むチャンスに備えます。日が沈み闇に包まれたら、「三井造船千葉事業所」や「コスモ石油千葉製油所」「JFEスチール東日本製鉄所(千葉地区)」といった京葉工業地域に接近。巨大クレーンやナトリウム灯を、普段見ることのできない海上から望みます。寒い季節に嬉しいホットドリンクのサービス付き!

 詳細・お申し込みはこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

過去のお知らせ

過去のお知らせはこちら(別ウインドウで開く)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局経済部観光プロモーション課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉市中央コミュニティセンター10階

電話:043-245-5066

ファックス:043-245-5334

promotion.EAE@city.chiba.lg.jp