• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年6月16日

祝!加曽利貝塚が特別史跡に!

国の文化審議会(会長 馬渕明子)は、平成29年6月16日(金曜日)に開催される同審議会文化財分科会の審議・議決を経た後、文部科学大臣に対し、史跡加曽利貝塚を特別史跡に指定することを答申しました。

なお、指定は官報告示を以って決定され、秋頃の見通しです。

加曽利貝塚を愛し、応援してくださったみなさまに感謝申し上げます。

日本文化の象徴である特別史跡が市内にあることは、市民の誇りです。これからもみんなで大切にしましょう。

ここがポイント!

特別史跡の指定は、平成12年度以来17年ぶりのことで、縄文時代の特別史跡としては4例目、貝塚では日本初となります。

なお、県内では本件が初の特別史跡となります。

特別史跡化を目指した経緯

全国に約2,400か所ある縄文時代の貝塚の中で、加曽利貝塚は集落を伴う「ムラ貝塚」として日本最大級の遺跡です。
また、遺物の保存状態も良好であり、人骨など埋蔵されている情報量で加曽利貝塚をしのぐ貝塚は国内に存在しません。
縄文文化等を解明するうえで極めて貴重な遺跡であることから、特別史跡化に向けた取組みを進めていました。

特別史跡とは

国が文化財保護法で指定した史跡のうち、学術上の価値が特に高く、わが国の文化の象徴たるものです。
国宝(建築物、美術工芸品、文書などで使われる概念)と同格のものです。

縄文時代の特別史跡

これまでの取り組み状況

平成24年度 過去の加曽利貝塚の発掘調査成果の再整理に着手

平成27年度 「史跡加曽利貝塚総括報告書」の執筆編集に着手
 「史跡加曽利保存活用計画」の策定に着手

平成28年度 史跡追加指定(11月18日答申 面積約13.5ha⇒約15.1ha)

 国の特別史跡指定に関する意見具申書を文化庁へ提出

 「史跡加曽利貝塚総括報告書」の刊行

 「史跡加曽利貝塚保存活用計画」の策定

平成29年度 答申~加曽利貝塚が特別史跡へ~※指定は、秋頃の官報告示を以って決定されます。

加曽利貝塚には主に4つの価値があります 資料はこちら(PDF:887KB)(別ウインドウで開く)

日本最大級の貝塚

  • 縄文時代の貝塚は全国に約2,400か所。
    その3分の1、約700か所の貝塚が東京湾沿岸に集中しています。
  • 中でも最も貝塚が密集する地域が千葉市であり(約120か所)、日本最大級の貝塚として知られるのが加曽利貝塚です。

縄文文化の繁栄を伝える2,000年続いたムラ

  • 貝塚としてだけでなく、集落跡としても極めて価値が高いです。
  • 同じ場所で2,000年間(約5,000~3,000年前)暮らし続けてました。
  • 東京湾沿岸における大型貝塚の形成の始まりから衰退まで、生活文化の変遷を一つの遺跡で追うことができる唯一の事例です。
  • 自然に左右される狩猟採集中心の生活をしながら同じ場所に住み続けられたのは、自然と共に生きる文化を育み、持続可能な社会を築いていた証拠です。

縄文時代から続く景観が今も残る

  • 周辺の川や森など縄文人が利用した自然環境が保全されています。
  • 坂月川両岸の低地部分には縄文時代に形成された地層が手つかずで残っています。
  • 1960年代に開発の危機に瀕しながら、当時としてはほとんど前例がない中、市民主導の遺跡保存運動が全国規模で展開され、保存につながりました。国会でも盛んに取り上げられ、その後の文化財保護に大きな影響を与えました。

考古学研究の発展に寄与

  • 明治時代から多くの人類学者・考古学者が発掘に訪れ、日本考古学の発展の舞台となりました。
  • 大正13(1924)年の東京帝国大学人類学教室による調査では、発掘地点と層位による土器の違いが確認され、縄文土器による編年体系の確立の端緒となりました。

復原された縄文時代のムラ
復原された縄文時代のムラ

発掘された貝層断面
発掘された貝層断面

加曽利E式土器

加曽利E式土器

空から見た加曽利貝塚

空から見た加曽利貝塚

加曽利貝塚で楽しめる体験プログラム

■縄文ひろばで縄文体験してみませんか?
加曽利貝塚は、貝層の断面を特殊な保存を施してそのまま見せる展示方法や、昭和40年代頃から始まった土器づくり、遺跡での体験プログラムの実施など、今までの様々な取り組みが、文化財の整備・活用の面で先駆的であることが評価されています。

ぜひ、現地にお越しいただき、縄文の魅力を感じてください。

みなさまの来館をお待ちしております。

 ⇒このページの先頭へ戻る

⇒博物館トップページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課

千葉市中央区問屋町1番35号 ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5960

ファックス:043-245-5993

bunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)