ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 選挙管理委員会事務局 > 千葉市選挙管理委員会の概要

ここから本文です。

更新日:2017年5月6日

千葉市選挙管理委員会の概要

選挙管理委員会は、公正な選挙を行うため、地方自治法により都道府県及び市区町村に設置が義務付けられている独立の行政委員会です。
千葉市では、市と各区に委員会が設置されています。

1 選挙管理委員会の組織

市選挙管理委員

役職 氏名 任期
委員長 山本 宏行 平成28年4月30日~平成32年4月29日
職務代理者 伊藤 晶 平成28年4月30日~平成32年4月29日
委員 千葉 通子 平成28年4月30日~平成32年4月29日
委員 松戸 敏雄 平成28年4月30日~平成32年4月29日
委員会は、選挙権を有するもので人格が高潔で政治及び選挙に関し、公正な見識を有する者のうちから、市議会で選挙された4人で構成されます。

事務局(市)

委員会を補助執行するために、事務局が置かれています。
事務局長 選挙班 職員数10人
管理班

2 選挙管理委員会の事務

選挙管理委員会は、法律又はこれに基づく政令の定めるところにより、当該普通地方公共団体又は国、他の地方公共団体その他公共団体の選挙に関する事務及びこれに関係ある事務を管理することとされています(地方自治法186条)。
「選挙に関する事務」とは国政・地方選挙や農業委員会委員選挙などの事務をいい、「選挙に関係のある事務」とは選挙に関する訴訟、直接請求、住民投票、国民投票などの事務をいいます。千葉市では市と区で役割分担をしてこれらの事務を行っています。

市選挙管理委員会の主な事務

※下記の項目をクリックすると、主な事務の詳細がご覧いただけます。

市選挙管理委員会の事務の詳細

委員会(定例会・臨時会)の開催

市選挙管理委員会では、各種告示、条例や規定等の制定改廃、選挙日程の決定や選挙事務の管理執行、選挙啓発の総合企画などの選挙管理委員会の権限に属する事項について審議するため、定例または臨時委員会を毎月1回以上開催しています。

区選挙事務の指導

公職選挙法の定めるところにより、国会議員(衆議院議員、参議院議員)、地方公共団体の議会の議員(市議会議員、県議会議員)及び長(市長、知事)の選挙の事務、またその他の法令の定めるところにより農業委員会委員や土地改良区総代選挙などの事務を区選挙管理委員会と一緒に行っています。
また、法令や条例の改正に伴う事務変更や投・開票事務など各区選挙管理委員会で同じ取扱いをしなくてはならない事務について、調整や指導を行っています。

予算及び決算、議会対応

各種選挙の予算編成や決算資料の作成、市議会での議案審議や議員質問などの対応を行っています。

選挙の訴訟

選挙(当選)の効力に関して不服がある選挙人及び候補者は、選挙の期日(当選の効力の場合は当選人の告示の日)から14日以内に、文書で市選挙管理委員会に対して異議の申出ができます。(公職選挙法202・206条)また、不服申出に対する決定に不服がある場合には県の選挙管理委員会に審査申立てができ、さらに県の決定や裁決に不服がある場合は、高等裁判所に訴訟を起こすことができます。このような異議申出や訴訟に関する事務を行っています。

直接請求及び住民投票

地方政治には、住民が直接政治に参加する方法として直接請求や住民投票が認められています。「条例の制定・改廃の請求」(地方自治法74条)、「監査の請求」(地方自治法75条)、「議会の解散請求」(地方自治法76条)、「議員及び長の解職請求」(地方自治法80・81条)などの直接請求を行うには選挙権を有する者の一定数以上の署名により行う必要があります。
選挙管理委員会では、署名簿に記載された署名の有効・無効の決定をし、その旨を証明する・有効署名総数等を告示するなどの事務を行うとともに、解散や解職の可否を決定する住民投票の事務を行っています。

選挙制度の調査研究

公職選挙法や政治資金規正法などの国の法律改正の情報を収集して、選挙や政治活動が適正に行えるように準備しています。また、有権者が少しでも投票しやすくなるように、現行制度の問題点などを調査研究して、指定都市選挙管理委員会連合会などを通じて国に法律改正要望を行っています。

区選挙啓発事務の調整及び指導

選挙が行われる場合には、各区選挙管理委員会では区明るい選挙推進協議会と連携をして、有権者に投票総参加を呼びかけるなど各種選挙啓発を行っていますが、市選挙管理委員会では啓発効果を高めるために各区同一日の街頭啓発を計画するなど各区選挙管理委員会間の調整と指導を行っています。また、市内全体で行う選挙啓発を企画し実施しています。

常時啓発の企画及び実施

投票する人が買収などに惑わされず、情実や利害などにとらわれることなく、自由な意思で投票し、選挙が公正に行われ、私たちの意思が政治に正しく反映される選挙を「明るい選挙」といいます。この明るい選挙を推進するために、明るい選挙推進協議会と協力して、小・中学校及び高校を対象とした模擬選挙及び出前授業、生徒会役員選挙などへの選挙器材の貸出、明るい選挙啓発作品(ポスター・書き初めなど)の募集や表彰、新成人への啓発チラシの配布などの常時啓発を企画し実施しています。

選挙の諸統計

各種選挙の詳細結果を選挙結果調としてまとめるほか、年代別投票調査やインターネットモニターアンケートなどを行っています。

農業委員会委員選挙人名簿の調製

農業委員会は、「農業委員会等に関する法律」に基づいて市町村に置かれる行政委員会で、市長の選任による委員7人と選挙による委員27人で構成され、農地法に基づく許可等の行政事務を行っています。この委員選挙に投票するためには、農業委員会委員選挙人名簿に登録されている事が必要です。
市選挙管理委員会では、本人からの申請等を受けて毎年1月1日現在の農業委員会委員選挙人名簿を作成しています。

このページの情報発信元

選挙管理委員会事務局  

千葉市中央区千葉港2-1 千葉中央コミュニティセンター7階

電話:043-245-5866

ファックス:043-245-5893

senkyokanri.EL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)