• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年12月1日

ようこそ市長室へ

市長室用市長写真

平成29年1月から区役所の窓口が分かりやすく便利になります

「市民に時間を返す」、千葉市の行政改革の大きな方針です。
今まで行政改革というと行政のコスト削減ばかりが注目されがちでしたが、仮に行政に大きなコスト削減が無かったとしても、市民が行政手続きに要する時間が大幅に削減される、市民に時間を返すことができるのであれば、積極的に改善・改革をしていくべきと考えます。
区役所窓口でのワンストップサービスの導入は、まさにそうした考えから生まれてきた施策です。これにより、例えば自営業の夫婦に子ども、要介護の母という世帯が市に転入した場合、従来は諸手続きに最長88分かかっていたのが、約50分になることが見込まれています。
また、自転車の駐輪場の定期利用では、これまでは抽選に当選した方は所定の日時・場所に行き、現金で利用料金を支払う必要がありましたが、手続きに並ぶ方が多い場合は1時間以上も待っていただく状況でした。指定された時間・場所に行くことも負担ですし、何より手続きに要した時間は利用者全員で合計約18,000時間と試算され、市側も事務処理に人件費を要していました。そこで業務改善を行い、コンビニ・クレジットカードなどでご都合が良い時に支払いができるようにした結果、市側も約300万円の節減となったほか、仮に手続きに要していた時間を千葉県の最低賃金842円で換算すると約1,500万円、市民の皆さまにお返しできたこととなります。
さらに現在進めているのは県水道料金と市下水道使用料の一括徴収です。平成24年2月のメッセージで、上水道と下水道を別々に徴収している自治体は珍しいことをご紹介し、一括徴収の実現に取り組むことをお伝えしました。その後、平成26年に協議が整い、平成27年から料金システムの設計が進んでおり、いよいよ平成30年1月から一括徴収が実現する予定です。
これにより、市民の皆さまの手間が省けることはもちろん、千葉市だけでも年間5,000万円以上の収支改善が見込まれ、さらに関係市や県の改善効果も含めると大きな行政改革となります。
これからも税金の効率的な運用はもちろん、市民の皆さまの手間と負担を軽減できるよう、新たな発想で鋭意取り組んでまいります。

平成28年12月1日

千葉市長 熊谷俊人


 

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)