• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 医療機関情報
  • 防犯防災消防情報

千葉市トップページ総務局 > 市長公室 > 秘書課 > ようこそ市長室へ

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

  • お問い合わせの前によくある質問と回答(FAQ)

区役所のホームページ

美浜区 花見川区 稲毛区 若葉区 緑区 中央区

  • 中央区
  • 若葉区
  • 花見川区
  • 緑区
  • 稲毛区
  • 美浜区

ここから本文です。

更新日:2014年9月1日

ようこそ市長室へ

熊谷市長 

大災害に備えて~減災への取り組み~

   地震、津波、台風などは自然に発生するもので、これらの災害を人間の力でなくすことはできません。しかしながら、被害を少しでも減らすことは今からでもできます。
   減災への第一歩は、「けがをしない」、まずは、自分の身は自分で守ることです。市では、本日(9月1日)午前9時30分、市内全域に「訓練地震情報」を防災行政無線(広報無線)で放送、ちばし安全・安心メールで配信します。自分を守る「安全行動の1‐2‐3(まず低く、頭を守り、動かない)」を行ってください。地震が発生した時、上から何かが落ちてくるまでに数秒しかないかもしれません。いざという時のために頻繁に練習しておくことが必要です。
   また、「今からできること」にも取り組んでください。市では、避難所の耐震化、物資の備蓄などの対策に取り組んでいますが、市民一人ひとりが日頃から災害に対し事前の備えをすることによって、災害に強いまちとなります。
・自分の住んでいるまちを知る(まちの中の危険な場所の確認):災害が発生したときのイメージをもってまち歩き(散歩)してください。
・ご自宅の対策:建物の耐震化、家具類の固定や配置の見直しなどの対策を進めてください。
・食料などの備え:水や食料はもとより日頃飲んでいる薬などを備えてください(地震があった時に持ち出せますか?)。
・情報の確認:ご家族同士の安否確認の方法、市からの災害情報の入手方法などを確認してください。
   阪神・淡路大震災で、家屋の下敷きになった人々の多くを助け出したのは、家族や近所の方たちでした。大きな災害が発生した時の救助や避難は、普段の近所付き合いが力を発揮します。隣にどのような方が住んでいるのか、知っているからこそ、助け・助けられることができます。また、高齢者や障害をお持ちの方など災害に弱い方々への心配りも大切ではないでしょうか。市では、自主防災組織、避難所運営委員会、避難行動要支援者への支援など地域の方々と連携し、共助の支援をしています。
   皆さんのお住まいの地域には自主防災組織など、いざという時に地域で支え合う・助け合う取り組みがあるでしょうか?ある場合は積極的な参加を、ない場合は結成に向けた取り組みを進めていただければ幸いです。
   
   平成26年9月1日

千葉市長 熊 谷 俊 人                 


*千葉市の魅力データはホームページで紹介しています
   http://www.city.chiba.jp/portal/miryoku/siritai.html



プロフィール メッセージ 日々の動静 定例記者会見
プロフィール
   
   
  
市長メッセージ
幹部メッセージ
   
  
行動記録
行動予定
メディア出演情報
交際費
定例記者会見
    
    
   
市議会での挨拶・答弁 市民の皆様へ 市長と話そう! 市長への手紙
市議会での挨拶
市議会における主な質問と答弁
   
  
千葉市の都市経営と財政状況
プロジェクト紹介
マニフェストへの取組状況
「脱・財政危機」宣言
ふるさと応援寄附金
ランチミーティング
市長との対話会
市長の出前講座
   
    
市長への手紙Web版
寄せられた主なご意見及び市政への反映状況
      


このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課
〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号
電話:043-245-5011
mail:hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

千葉市役所

地図
〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号
代表電話番号 043-245-5111
開庁時間:8時30分から17時30分(土日祝日および12月29日~1月3日を除く)

千葉市役所コールセンター

電話番号 043-245-4894
よくある質問と回答(FAQ)