• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年3月1日

ようこそ市長室へ

市長室用市長写真

救命講習を受講し、あなたも救命バイスタンダーに

千葉市は救命バイスタンダー日本一の政令市です。
救命率の向上には、バイスタンダー(倒れた方の近くにいる人)による心肺蘇生法とAEDを使用した応急手当が非常に重要です。本市では市民の3分の1以上が救命講習を受講済みで、世界屈指の救命率(40%)を誇るアメリカのシアトル市をモデルとして、2010年から「千葉市を日本のシアトルに!」を合言葉に千葉市医師会と連携を始めました。2014年からは日本赤十字社、市民ボランティア、教育委員会とも連携し、人口あたりの救命講習受講者の年間普及率が2016年度から政令市で1位となっています。
子どもたちも活躍しています。千葉市には全国でも珍しい「応急手当ジュニアインストラクター制度」があります。これは子どもたちが同世代の子どもたちに応急手当を指導するもので、私が子どもたちとランチミーティングをしていた時に「私たちも応急手当を広げるお手伝いをしたい」と提案されたことがきっかけでした。同世代の子どもが同じ目線で指導してくれることから、子どもたちも「教わる」から「学ぶ」という姿勢の変化も見られるようになったほか、保護者が我が子の姿に触発され、応急手当インストラクター資格を取得、親子で応急手当の普及を行っている例もあり、子どもだけでなく大人の意識改革にも大きな効果をもたらしています。
救命講習会は毎月開催しています【市政だより3月号13面】。助けられる命を確実に助けられる救命都市の実現に向け、ぜひ皆さまも輪の中に加わっていただければ幸いです。

平成31年3月1日

千葉市長 熊谷俊人


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)