更新日:2022年3月23日

ここから本文です。

市長あいさつ

 新たな100年に向けて

kamiya千葉市は2021(令和3)年に市制100周年を迎えました。この大きな節目が、本市に関わる全ての人々にとって、本市の都市としての歩みを振り返り、先人たちの業績に感謝をするとともに、まちの未来について考え、行動につなげていく機会となるよう、市制100周年記念事業を実施してまいりました。
記念期間中は、新型コロナウイルス感染症の影響が大きかったものの、歩みを振り返る記念誌や記念漫画の発行、子どもたちによる絵画コンクールやSNSを活用したフォトコンテスト、未来のまちづくりについて考えるオンラインシンポジウムなど、様々な記念事業を実施してまいりました。
また、記念イベントを集中的に開催した「ちば・まち博」では、200近くに及ぶ文化・芸術、スポーツ、講座などの多彩なイベントを市民や企業、団体の皆様が主体となって企画・運営をしていただきました。ご参加いただいた多くの皆様や事業に携わっていただいた方々には、心からお礼を申し上げます。
現在、本市では100年先を見据えた次なるステージへの幕開けを迎えるにあたり、「市民の皆様一人ひとりが自分らしく活躍でき、人々が互いにつながり、連携しあうことで、未来の千葉市が輝き続けるまち」を目指し、令和5年からスタートする新しい「千葉市基本計画」の策定に取り組んでいます。
100年先の将来にわたり、人々から選ばれ、愛される、活力のある豊かな都市であり続けることができるよう、先人たちが100年の歴史の中で築き上げてきた財産を活かし、千葉市に関わる全ての皆様とともに、未来のまちづくりに向け、これからも全力で取り組んでまいります。
結びに、市制100周年記念事業の実施にあたり、市民や企業、団体の皆様にご理解とご協力を賜りましたことに改めて深く感謝申し上げるとともに、この先の本市の発展に向け、今後とも一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

 千葉市長 署名  

 

 

 

ページの先頭へ戻る