閉じる

ホーム > 校長室

更新日:2024年1月31日

ここから本文です。

校長室

令和5年度学校長あいさつ

校長 甲斐 安弘

 

 2020年に始まったコロナ禍によって、授業、学校行事など、様々な教育活動の自粛や制限が余儀なくされ、学校生活は大きく変わりました。小学校・中学校等では、「GIGA スクール構想」が大きく前進する契機となりました。コロナ禍は、学校現場において「ピンチ」ではありましたが、学校教育の在り方を根本から見直すことができた「チャンス」でもあったと考えます。「ウィズ コロナ」から「アフター コロナ」への転換期を迎え、今後、学校現場では、コロナ禍以降の教育活動を新たなスタンダードと捉え、コロナ禍以前の教育活動を精査しながら、「令和の日本型学校教育」の良さを引継ぎ、「新しいスタイルの学校教育」を推進していかなければなりません。

 そのような状況下、令和5年度は、全校児童410名(通常学級13、特別支援学級2、言語通級教室4)で元気良くスタートしました。

 学校教育目標を「『心かがやき 夢ひらく たくましい子』の育成」とし、「子供が喜んで登校する学校 明るいあいさつ、笑顔いっぱいの学校」を目指して取り組んでいます。教育活動全体を通して、子供たちに「豊かな心」「確かな学力」「健やかな体」を身に付けさせたいと考えています。

 今年度より、校内研究として、「国語科」の研究に取り組んでいきます。研究主題は、「主体的に取り組み、学び合う子供の育成」(副題:言語活動の充実を図る国語科の授業づくり)です。言語活動の質を高めることによって、主体的・対話的で深い学びの実現を目指します。

 また、昨年創立150周年を迎えました。お陰様をもちまして、他に誇れる立派な伝統と校風が築かれてきました。そして、これまでに12,501名の卒業生を輩出し、社会各方面で活躍されておりますことは、誠に喜ばしいことであります。この大きな節目にあたり、教職員一同は、決意を新たにし、更なる躍進へと子供たちの教育に邁進してまいります。保護者の皆様におかれましては、「子供たちのために」を合言葉にこれまで同様ご支援とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

学校だより

・2月号

・1月号

・12月号

・11月号

・10月号

・9月号

・7月号

6月号

・5月号

・4月号