閉じる

ホーム > 学校紹介 > 校長室

更新日:2023年4月14日

ここから本文です。

校長室

本校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

春の日差しを受け、鶴沢小の木々の緑、子供たちの育てたチューリップや菜の花に囲まれ、創立66年目にあたる令和5年度がスタートしました。校長は、昨年度に引き続き、長谷川恭子が務めます。礼儀正しく明るい挨拶をしながら登校する子供たちから本年度も元気をもらっております。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、本校は、4月11日の入学式で64名の新入生を迎え、17学級435名となります。学区はとても広く、30分ほどかけて学校に通っている子供たちもおりますが、たくさんの地域の方々がセーフティウォッチャーとして子供たちの安全を見守ってくださっており、大変心強いです。

 本校の教育目標は「心身ともに健康で、自主・創造・知性に富んだ情操豊かな児童の育成」であり、「夢と思いやりめ心を持ち、自己の成長を実感できる鶴の子」を、めざす子供像としています。

 子供たちを育てていく上での合言葉は、

「高く 強く 清らかに」 です。

 

高く…高い志や夢を持って学び、

強く…強くたくましい心と体をもち

清らかに…心清らかに育ってほしい

という願いを、本年度も様々な場面で子供たちに語りかけていこうと思っています。

鶴沢小の子供たちは、自分たちのことを「鶴の子」と呼び、鶴が学校のシンボルとなっています。学校中のいたるところに鶴の装飾があり、折鶴が飾られ、包み込むように学校を守ってくれています。

 鶴の、上を向いて凛とたたずむ姿、飛び立つときの力強さ、品のある清らかな振る舞いを子供たちが美しいと感じ、「鶴の子」であることに誇りをもって学校生活を送ってほしいと願っています。

 教職員一同一丸となって、そんな「鶴の子」たちが大きく羽ばたけるよう、精一杯努力し、教育活動を進めてまいります。

 今後とも、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 校長 長谷川 恭子