閉じる

ホーム > 学校経営 > 学校教育目標

更新日:2021年4月21日

ここから本文です。

学校教育目標

建学の理念

「自主」 「協力」 「創造」

学校教育目標

「自主性に富み、徳性と知性を備え、心身ともに健康な生徒の育成」

めざす学校像

  • 1 落ち着きがあり、安心して生活できる学校
  • 2 保護者・地域と協力している学校
  • 3 あいさつ・笑顔と歌声の響く学校
  • 4 生徒が自主的に活動している学校
  • 5 清潔で、整理整頓されている学校

めざす教師像

  • 1 わかる授業を実践する教師
  • 2 生徒を愛し、生徒理解に努める教師
  • 3 共通理解・共通行動(個性を尊重)できる教師
  • 4 清潔で整理整頓されている環境作りに努める教師
  • 5 自己に厳しく研鑽に努める教師
  • 6 生徒・保護者から信頼される教師

めざす生徒像

  • 1 目標の実現に向けて自ら学ぶ生徒(自主・自学)
  • 2 礼儀正しく、社会的なルールが身についている生徒(自律・自立)
  • 3 心身ともに健康な生徒(健康・体力)
  • 4 自他を尊重し、思いやりのある生徒(共存)
  • 5 勤労と奉仕に意欲的に取り組み、学校や地域に貢献できる生徒(貢献)

学校経営の基本方針

重点課題

  • 学習指導の充実と基礎学力の定着
  • 道徳教育の推進
  • 学年・学級経営の充実
  • 部活動の充実
  • 諸行事の充実
  • 生徒会活動の活性化
  • 家庭・地域・関係機関との連携強化

1.学習指導の充実と基礎学力の定着

  1. わかりやすい授業の実践
  2. 家庭学習、自主学習の充実(自己調整力の育成)

2.道徳教育の推進

  1. 生徒に「豊かな心」をはぐくむため、道徳の時間を要として教育活動全体を通して道徳的実践力の育成を図る
  2. 年間指導計画を作成し、毎時間のねらいや重点的な指導を明確にした上で道徳の指導を確実に実施する
  3. 授業の工夫及び研修の積み重ね

3.学年・学級経営の充実

→「個々の良さを認め合い、公平で成就感・満足感を持てる経営」

  1. 学校生活における規律を遵守できる生徒の育成
  2. 目標を持ち、何事にも意欲的に取り組める学年・学級
  3. 一人一人が役割と責任を果たし、協力できる学年・学級
  4. いじめ・差別のない学年・学級
  5. 好ましい人間関係。「心の居場所」としての学年・学級

4.部活動の充実

→「共通の目的を持って、自らの意思で積極的に参加する集団」

  1. 健康な心身の育成
  2. 社会や学校のマナー・ルールの習得

5.諸行事の充実

→「教師・生徒全員がともに成就感・満足感を得られる行事」

  1. 行事の内容や実施方法の検討及び充実
  2. 生徒の活動を主体に置いた教師と生徒が共に作り上げる行事の創意工夫

6.生徒会活動の活性化

→「生徒の、生徒による、生徒のための生徒会活動」

  1. 中央委員会、専門委員会等の活動の自主的活動により一層の活発化
  2. 各学年・学級の意欲的な生徒会活動への参加
  3. 各専門委員会の活動内容や場面の設定及び活動の積極的な実施
  4. ボランティア活動への参加と地域への連携

7.家庭・地域・関係機関との連携強化

→「積極的な生徒指導の確立」

  1. 家庭・地域との連携強化と協力体制の確立
  2. 関係機関との連携強化と協力体制の確立