• 採用試験情報
  • 受験申し込み
  • 職員として働く
  • 説明会情報

ここから本文です。

千葉市職員募集トップページ2017 > 採用試験情報 > 試験概要 > 試験概要:上級(大学卒業程度)・資格免許職(上級相当)

更新日:2017年4月18日

試験概要:上級(大学卒業程度)・資格免許職(上級相当)

 

【ページの内容】

本年度の主な変更点

  • 動物公園等で勤務する「技術(畜産)」職を募集します。
  • 消防士の受験資格(身体的要件)を撤廃します。(ただし、消防士としての職務遂行に必要な健康度等の検査は実施します。)

 受付期間

~インターネット環境にあり、プリンターをお持ちの方は電子申請をご利用ください~

【電子申請】

平成29年5月12日(金曜日)午前9時~25日(木曜日)午後5時(受信有効)

【郵送による申込み】

平成29年5月12日(金曜日)~22日(月曜日)(消印有効)

申込みから採用までの流れについてはこちらをご覧ください。また、受験資格については「受験案内(申込書)等ダウンロード」をご確認ください。

 試験区分、採用予定人員、職務内容

試験区分

採用予定人員

(人程度)

職務内容

上級

事務

行政A

23

市長部局、各行政委員会事務局等で、一般行政事務に従事します。

行政B

若干名

福祉

6

事務(福祉)は、主として保健福祉局、こども未来局及び各区保健福祉センター等で、各種福祉業務における相談・援助・指導及び福祉施策の企画・事業推進等の業務に従事します。

情報

若干名

事務(情報)は、主として情報経営部及び各情報システムの所管課等で、情報システムの開発や管理・運用等の業務に従事します。

技術

土木

11

市長部局等で、それぞれの専門技術的業務に従事します。

建築

5

電気

若干名

機械

若干名

化学

若干名

造園

若干名

畜産

若干名

消防士

行政

10

消防局、消防署等で、消火・救急・救助活動及び消防用設備等の設置指導、建築同意、危険物規制、火災原因調査、建物への立入検査等の消防業務に従事します。

建築

若干名

電気

若干名

化学

若干名

資格免許職

(行政)

獣医師

若干名

保健所、動物保護指導センター、環境保健研究所等で、食品衛生監視、環境衛生監視、動物保護指導、感染症対策及び各種検査等の専門的業務に従事します。

薬剤師

若干名

保健所、環境保健研究所等で、薬事監視、食品衛生監視、環境衛生監視、感染症対策及び各種検査等の専門的業務に従事します。

保健師

5

保健所、各区保健福祉センター等で、保健指導等の専門的業務に従事します。

心理判定員

若干名

児童相談所、障害者相談センター等で、心理判定の専門的業務に従事します。

※若干名とは、1〜3人程度をいいます。

【注意事項】

1.受験申込みは、上記試験区分のいずれか1区分に限ります。また、申込書受理後の試験区分の変更は認めません。

2.採用予定人員については、変更する場合があります。

3.採用は原則として平成30年4月1日の予定です。

4.上記職務内容(配属部局含む)は、主なものを記載しています。

5.「事務(行政A)」と「事務(行政B)」の試験の実施方法は異なりますが、採用後の職務内容などに差異はありません。

 受験資格

次の(1)から(3)までの要件をすべて満たす人

(1)次のいずれかに該当する人(消防士は次のアに該当する人に限る。)

ア:日本国籍を有する人

イ:出入国管理及び難民認定法による永住者

ウ:日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法による特別永住者

(2)次のいずれにも該当しない人

ア:成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)

イ:禁錮(こ)以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人

ウ:千葉市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人

エ:日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

(3)下記の要件に該当する人

上級

【事務・技術・消防士の共通要件】

次のいずれかに該当する人

(1)平成元年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた人(学歴は問いません。)

(2)平成8年4月2日以降に生まれた人で、次のいずれかに該当する人

ア:学校教育法による大学(短期大学を除く)を卒業した人又は平成30年3月31日までに卒業見込みの人

イ:人事委員会がアと同等の資格があると認める人

【事務(福祉)のみの資格要件】

社会福祉主事任用資格取得(見込み)の人

※社会福祉主事の任用資格を得るためには、次のいずれかに該当することを要します。

(1)社会福祉法により、厚生労働大臣の指定する科目のうち、大学等において、3科目以上履修し、卒業すること(指定科目をご確認ください。)

(2)社会福祉法により、厚生労働大臣の指定する養成機関又は講習会の課程を修了すること

(3)社会福祉士又は精神保健福祉士の資格を有すること

【事務(情報)のみの資格要件】

下表の情報処理技術者試験(「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が認定する国家試験で平成20年度以前に実施されていた情報処理技術者試験を含む。)の(ア)〜(チ)のうち、いずれかの試験に合格している人

(ア)基本情報技術者試験 (イ)応用情報技術者試験
(ウ)ITストラテジスト試験 (エ)システムアーキテクト試験
(オ)プロジェクトマネージャ試験 (カ)ネットワークスペシャリスト試験
(キ)データベーススペシャリスト試験 (ク)情報セキュリティスペシャリスト試験
(ケ)ITサービスマネージャ試験 (コ)システム監査技術者試験
(サ)システムアナリスト試験 (シ)アプリケーションエンジニア試験
(ス)ソフトウェア開発技術者試験 (セ)テクニカルエンジニア試験(データベース、システム管理、ネットワーク、情報セキュリティのいずれか)
(ソ)上級システムアドミニストレータ試験 (タ)プロダクションエンジニア試験
(チ)第一種情報処理技術者試験  

【獣医師・薬剤師・保健師の資格要件】

昭和57年4月2日以降に生まれた人で、免許取得(見込み)の人

【心理判定員の資格要件】

昭和57年4月2日以降に生まれた人で、次のいずれかに該当する人

  1. 学校教育法による大学院において心理学の課程を修了した人又は平成30年3月31日までに修了見込みの人
  2. 学校教育法による大学(短期大学を除く)において心理学を専攻して卒業し、心理判定に関する実務経験を2年以上有する人(平成30年3月31日現在)

ページ上部へ戻る

 試験の日時・場所、合格発表

第一次試験

日時・場所

区分 日時(予定) 場所
【全試験区分共通】
教養試験(択一式)
に加え
【事務(行政B)、消防士(行政)のみ】
自己PR論文試験
【事務(情報)のみ】
専門試験(記述式)
【事務(行政B、情報)、消防士(行政)以外】
専門試験(択一式)

平成29年6月25日(日曜日

  • 集合・着席午前9時
    (厳守。午前8時30分から受付)
  • 試験開始午前9時30分
  • 試験終了

事務(行政B)、消防士(行政)午後2時30分

事務(行政B)、消防士(行政)以外 午後3時30分

【事務(行政A・行政B・福祉・情報)】
千葉市立稲毛高等学校
千葉市美浜区高浜3-1-1

【上記以外(技術・消防士・資格免許職(行政)】
千葉市立千葉高等学校
千葉市稲毛区小仲台9-46-1

【事務・技術のみ】
面談試験(注1)
平成29年7月6日(木曜日)〜11日(火曜日)のうち1日
詳細は、面談試験対象者に通知します。(注2)
千葉中央コミュニティセンター(予定)
【消防士のみ】
体力検査(注1)
平成29年7月11日(火曜日)
詳細は、体力検査対象者に通知します。(注2)
千葉市消防学校(予定)

合格発表

【資格免許職(行政)】

平成29年6月30日(金曜日)

【事務、技術、消防士】

平成29年7月14日(金曜日)

人事委員会事務局前に掲示するほか、合格者のみに文書により通知します。当ホームページでも、第一次試験の合格者の受験番号を発表日以後1週間掲載します。(文書による通知が7月18日(火曜日)までに到着しない場合には、お問い合わせください。)

※試験会場及び会場の最寄り駅周辺で、有料で合否の連絡を請け負う事例が見られますが、当人事委員会とは一切関係ありませんのでご注意ください。

注意事項

1.第一次試験における面談試験(事務・技術のみ)及び体力検査(消防士のみ)の対象者は、6月25日(日曜日)に実施する筆記試験(択一式)の成績により決定します。

2.第一次試験の面談試験対象者(事務・技術のみ)及び体力検査対象者(消防士のみ)へは、6月30日(金曜日)に、対象となった人のみに文書で通知を発送します。また、通知日(6月30日)に、対象者の受験番号を人事委員会事務局前に掲示するほか、当ホームページ(千葉市人事委員会ホームページ)でも、通知日以後1週間掲載します。(文書による通知が7月4日(火曜日)までに到着しない場合には、お問い合わせください。)

3.電話での合否の照会には応じません。

4.第一次試験(筆記試験)当日、災害等により試験開始時刻を変更する場合又は試験を中止する場合には、次の方法によりお知らせします。
(1)試験開始時刻を変更する場合
千葉市人事委員会HP

(2)試験を中止する場合

ア:千葉市人事委員会HP

イ:テレホンサービス043-245-5983

5.試験当日に車椅子の使用を希望する場合は、あらかじめ人事委員会事務局にご連絡ください。

日時・場所

区分 日時(予定) 場所
論文試験及び
適性検査

平成29年7月22日(土曜日)
詳細は、第一次試験合格者に通知します。

千葉市総合保健医療センター(予定)
面接試験等 平成29年7月25日(火曜日)〜8月25日(金曜日)のうち1日
詳細は、第一次試験合格者に通知します。
千葉中央コミュニティセンター(予定)

合格発表

平成29年8月下旬〜9月上旬(予定)

人事委員会事務局前に掲示するほか、合格者のみに文書により通知します。当ホームページでも、合格者の受験番号を発表日以後1週間掲載します。

注意事項

1.電話での合否の照会には応じません。

2.第二次試験(面接試験含む。)当日、災害等により試験開始時刻を変更する場合又は試験を中止する場合には、次の方法によりお知らせします。

(1)試験開始時刻を変更する場合
千葉市人事委員会HP

(2)試験を中止する場合
ア:千葉市人事委員会HP

イ:テレホンサービス043-245-5983

3.試験当日に車椅子の使用を希望する場合は、あらかじめ人事委員会事務局にご連絡ください。

ページ上部へ戻る

 試験の方法・内容

第一次試験

筆記試験【全試験区分】

問題の程度や形式などの参考のため、教養試験、専門試験の例題等及び論文試験の過去の課題を掲載しています。

【教養試験(全試験区分共通)】

公務員として必要な一般教養について、大学卒業程度の活字印刷文による筆記試験(択一式、55問中45問選択解答、150分)※知識分野(社会科学、人文科学、自然科学)30問中20問選択解答、知能分野(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈)25問全問解答

【専門試験択一式〔事務(行政B、情報)、消防士(行政)以外の全ての区分〕】

試験区分に応じた専門的知識について、大学卒業程度の活字印刷文による筆記試験〔択一式、事務(行政A)は50問中40問選択解答、その他は40問全問解答、120分〕

【自己PR論文試験〔事務(行政B)、消防士(行政)のみ〕】

自己PRできる経験や成果について記述する筆記試験(800字程度、60分)。

【専門試験記述式〔事務(情報)のみ〕】

専門的知識〔情報処理システム(ハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワーク)、情報セキュリティ、情報処理一般〕について、記述する筆記試験(6問全問解答、120分)

教養試験、専門試験の出題分野及び例題

面談試験【事務・技術のみ】

【事務(行政A、福祉)、技術】

第一次試験の筆記試験(教養試験及び専門試験)の成績により対象者を決定し、面談試験を実施します。主として人物、性格等についての個別面談(態度、表現力、積極性、協調性、ストレス耐性等)です。

【事務(行政B、情報)】

第一次試験の筆記試験(教養試験のみ)の成績により対象者を決定し、面談試験を実施します。主として人物、性格等についての個別面談(態度、表現力、積極性、協調性、ストレス耐性等)です。

体力検査【消防士のみ】

【消防士(行政)】

第一次試験の筆記試験(教養試験のみ)の成績により対象者を決定し、体力検査を実施します。職務遂行に必要な体力についての検査(握力、上体起こし、反復横とび、立ち幅とび、腕立て伏せ、シャトルラン)

【消防士(建築・電気・化学)】

第一次試験の筆記試験(教養試験及び専門試験)の成績により対象者を決定し、体力検査を実施します。職務遂行に必要な体力についての検査(握力、上体起こし、反復横とび、立ち幅とび、腕立て伏せ、シャトルラン)

論文試験【事務(行政B)、消防士(行政)以外】

与えられたテーマについて記述する筆記試験(記述式、60分、800字程度)
※事務(行政B)、消防士(行政)は、与えられたテーマについて企画提案を行い、その内容を記述する筆記試験となります(記述式、60分、800字程度)

過去の課題

企画提案論文試験【事務(行政B)、消防士(行政)のみ】

与えられたテーマについて企画提案を行い、その内容を記述する筆記試験(記述式、60分、800字程度)

過去の課題

適性検査

性格適性及び職務適性等についての検査(面接試験の参考とします。)

面接試験

主として人物、性格等についての個別面接による試験(態度、表現力、積極性、協調性、専門性、堅実性、ストレス耐性等)

語学加算【事務(行政B)のみ】

英語、中国語、韓国語について高度な語学力を有し、下記「語学加算対象資格一覧表」の要件に該当する場合に加点します。

【語学加算対象資格一覧表】
対象資格等名称 加点対象

英語

実用英語技能検定試験<英検> 準1級以上
TOEIC 730点以上
TOEFL(iBT) 80点以上
TOEFL(PBT) 550点以上
国際連合公用語英語検定試験<国連英検> B級以上

中国語

中国語検定試験 準1級以上
中国語コミュニケーション能力検定 700点以上

韓国語

韓国語能力試験 5級以上
ハングル能力検定試験 2級以上

身体検査【消防士のみ】

消防士としての職務遂行に必要な健康度の検査

〔医療機関等で受診し、作成された健康診断書(所定書式)の提出を求めます。なお、身体検査に必要な費用は、受験者の負担となります。〕

主な基準は次のとおりです。

・視力:矯正視力を含み両眼で0.7以上かつ一眼でそれぞれ0.3以上

・色覚:赤色、青色及び黄色の色彩の識別ができること

・聴力:左右とも正常であること

各試験の配点は、以下のとおりです。

 

試験区分

第一次試験

第二次試験

教養試験

専門試験

自己PR

論文試験

面談試験

体力検査

合計

論文試験

企画提案

論文試験

面接試験

語学加算

合計

上   級

事務

行政A・福祉・情報

100

100

200

400

50

150

200

行政B

100

-

100

200

400

50

150

10

210

技術

80

120

-

200

400

50

150

200

消防士

行政

100

-

100

200

400

50

150

200

建築・電気・化学

80

120

- 

200

400

50

150

200

資格免許職(行政)

80

120

- 

200

50

150

200

【注意事項】

  1. 第一次試験の合格者は、教養試験と専門試験〔事務(行政B)、消防士(行政)は教養試験と自己PR論文試験〕の成績と、他の試験の成績(事務・技術の場合は、第一次試験において行う面談試験の成績、消防士の場合は、第一次試験において行う体力検査の成績)を総合して決定します。
  2. 事務(行政B)、消防士(行政)について、第一次試験における自己PR論文試験の採点の対象は、第一次試験で実施する面談試験・体力検査の対象者のみとします。また、事務(情報)について、第一次試験における専門試験(記述式)の採点の対象は、面談試験の対象者のみとします。
  3. 最終合格者は、第二次試験の結果により決定し、第一次試験の成績は反映されません。

ページ上部へ戻る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)