• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

平成30年度環境測定結果

1.大気環境測定結果

大気汚染防止法第22条第1項の規定により、一般環境大気測定局(一般局)13局及び自動車排出ガス測定局(自排局)5局について、二酸化窒素、浮遊粒子状物質等の大気環境測定を実施した。

  1. 二酸化窒素(NO2)
    一般局(13局)及び自排局(5局)の全測定局(18局)で、環境基準を達成した。
  2. 浮遊粒子状物質(SPM)
    一般局(13局)及び自排局(5局)の全測定局(18局)で環境基準を達成した。
  3. 微小粒子状物質(PM2.5)
    一般局(7局)及び自排局(2局)の全測定局(9局)で環境基準を達成した。
  4. 光化学オキシダント(OX)
    全測定局(11局)で環境基準を達成しなかった。
  5. 二酸化硫黄(SO2)
    昭和54年度以降、全測定局(9局)で環境基準を達成した状況が続いている。
  6. 一酸化炭素(CO)
    昭和48年度以降、全測定局(3局)で環境基準を達成した状況が続いている。

2.有害大気汚染物質等モニタリング調査結果

大気汚染防止法第22条第1項の規定により、市内6地点で、有害大気汚染物質等のうち優先取組物質であって測定方法が確立している物質並びに水銀及びその化合物の全21物質について、一般環境2地点、固定発生源周辺2地点、道路沿道2地点で調査を実施した。

1.環境基準が設定されている物質
ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン及びジクロロメタンの4物質について、年平均値はいずれも全地点(6地点)で環境基準の数値を下回った。

※千葉市水道局のトリクロロエチレンについては、欠測の月が生じたことから、評価は参考扱いとなる。                           

2.環境中の有害大気汚染物質による健康リスクの低減を図るための指針となる数値(指針値)が設定されている物質
アクリロニトリル(6地点)、塩化ビニルモノマー(6地点)、水銀及びその化合物(2地点)、ニッケル化合物(4地点)、クロロホルム(6地点)、1,2-ジクロロエタン(6地点)、1,3-ブタジエン(6地点)、ヒ素及びその化合物(4地点)並びにマンガン及びその化合物(4地点)の9物質について、いずれも全地点で指針値を達成した。

3.その他の物質
クロム及びその化合物について、福正寺及び寒川小学校の年平均値が、真砂公園及び千葉市水道局と比較して高い値になる傾向が続いている。

3.アスベスト調査結果

市内8地点(各区1地点の一般局(6局)及び主要幹線道路の自排局(2局))で、一般局は春夏秋冬の4回、自排局は夏冬2回の一般環境調査を行った。調査の結果、0.095~0.48本/ℓの範囲であった。

「アスベストモニタリングマニュアル(第4.1版)」(平成29年7月環境省大気環境課)において電子顕微鏡等による精密な調査が必要とされる目安(1本/ℓ)を超えた地点はなかった。

4.微小粒子状物質成分分析結果

市内1地点(千城台北小学校測定局)で、微小粒子状物質の成分分析を実施した。

調査は1日単位で春夏秋冬それぞれ14日分、延べ56日分行い、質量濃度のほか、イオン成分8項目、炭素成分2項目、無機元素成分30項目、その他2項目を測定した。

質量濃度の季節平均濃度は9.0~10.9μg/m3の範囲であった。

主な成分は、イオン成分(硫酸イオン、硝酸イオン、アンモニウムイオン)、炭素成分(有機炭素、元素状炭素)であった。

5.公共用水域水質調査結果

水質汚濁防止法第16条第1項の規定による測定計画等に基づき、市内の公共用水域29地点において水質調査を実施した。

  1. 河川(25地点:測定計画地点(環境基準点)3地点、市独自調査地点22地点)
    1. 健康項目
      環境基準点において、全地点で環境基準を達成した。
      また、市独自調査地点において、類型指定がある地点については全地点で環境基準を下回った。類型指定がない地点のうち、千葉市環境目標値が設定された地点については、河口付近の3地点でほう素の環境目標値を上回ったが、その他の項目については全地点で環境目標値を下回った。
    2. 生活環境項目
      河川における有機汚濁の代表的な指標である生物化学的酸素要求量(BOD)についてみると、環境基準点において、全地点で環境基準を達成した。
      また、市独自調査地点において、類型指定がある地点については全地点でBODの環境基準を下回った。類型指定がない地点のうち、千葉市環境目標値が設定された地点については、全地点でBODの環境目標値を下回った。
  2. 海域(4地点:測定計画地点(環境基準補助点)3地点、市独自調査地点1地点)
    1. 健康項目
      全地点で環境基準を下回った。
    2. 生活環境項目
      海域における有機汚濁の代表的な指標である化学的酸素要求量(COD)、全窒素及び全りんについてみると、環境基準補助点において、1地点でCODの千葉市環境目標値を上回った。
      また、市独自調査地点において、COD、全窒素、全りんとも環境基準を上回った。

6.地下水水質調査結果

水質汚濁防止法第16条第1項の規定による測定計画等に基づき、市内の496地点において地下水の水質調査を実施した。

  1. 揮発性有機化合物(50地点)
    測定計画に基づく調査(40地点)においては、13地点で環境基準を達成しなかった。
  2. 六価クロム(331地点)
    測定計画に基づく調査(18地点)においては、1地点で環境基準を達成しなかった。
  3. 砒素(132地点)
    測定計画に基づく調査(20地点)においては、4地点で環境基準を達成しなかった。
  4. 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素(34地点)
    測定計画に基づく調査(34地点)においては、17地点で環境基準を達成しなかった。
  5. その他
    3地点で地下水質に係る要監視項目6項目(ニッケル、アンチモン、ウラン等)の調査を行ったところ全地点で指針値の数値を下回った。

7.自動車騒音調査結果

騒音規制法第18条第1項の規定により、45地点において自動車騒音の状況を調査し、対象地域における環境基準の達成状況の評価(面的評価)を行った。また、5か年度分の調査結果により、市全域の面的評価を行った。

評価結果 平成30年度 平成26~30年度
評価対象住居等戸数 17,933戸 57,913戸
昼夜間とも基準値以下 16,766戸(93.5%) 52,886戸(91.3%)
昼間のみ基準値以下

527戸(2.9%)

2,009戸(3.5%)
夜間のみ基準値以下 81戸(0.5%) 434戸(0.7%)
昼夜間とも基準値超過 559戸(3.1%) 2,584戸(4.5%)

8.ダイオキシン類

ダイオキシン類対策特別措置法第28条第1項の規定による常時監視として、大気6地点、公共用水域・底質(河川及び海域)5地点、地下水2地点及び土壌2地点の調査を実施した。

その結果、全ての地点において環境基準を達成していた。

参考資料

別紙1.平成30年度大気環境測定結果(PDF:435KB)

別紙2.平成30年度有害大気汚染物質モニタリング調査結果(PDF:257KB)

別紙3.平成30年度アスベスト調査結果(PDF:163KB)

別紙4.平成30年度微小粒子状物質成分分析結果(PDF:348KB)

別紙5.平成30年度公共用水域水質調査結果(PDF:456KB)

別紙6.平成30年度地下水水質調査結果(PDF:228KB)

別紙7.平成30年度自動車騒音調査結果(PDF:1,674KB)

※ダイオキシン類の調査結果は、ダイオキシン類調査結果のページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境規制課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5189

ファックス:043-245-5581

kankyokisei.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)