ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 都市局 > 都市局公園緑地部緑政課 > いなげの浜が白い砂浜に生まれ変わります!!

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

いなげの浜が白い砂浜に生まれ変わります!!

稲毛海浜公園リニューアル 養浜工事の着手

稲毛海浜公園では、都市型ビーチなどのポテンシャルを最大限に活かすため、平成29年8月29日に株式会社ワールドパーク連合体と基本協定を締結し、民間活力の導入による海辺を活かしたリニューアルを進めています。このたび、いなげの浜をリゾート感あふれる白い砂浜へと改修する、養浜工事に着工します。

工事概要

切盛り土工

蘇我側に堆積している約26,000㎥の砂を侵食が進んでいる検見川側に盛り土し、いなげの浜の砂を均一にします。

白砂搬入敷均し

切盛り土工の後に、砂浜の表層に約25,000㎥の白砂を敷均します。

  • 全長1,200m×幅30m×厚さ0.7m
  • 白砂は西オーストラリア州アルバニー産珪砂を使用します。

養浜イメージ

工事期間

平成31年4月15日(月曜日)~令和元年10月31日(木曜日)まで

日曜日は休止いたします。

工程表

利用制限

いなげの浜は4月22日(月曜日)から工事完了まで閉鎖します。

これに伴い、今年度の夏期海水浴場の開設はありませんが、稲毛海浜公園プールは例年通り営業いたします。

工事実施日は、砂の搬入ルートとなる野外音楽堂、想い出の森周辺の園路の一部の利用を制限します。

 なお、磯の松原散策路はご利用いただけます。

 

これまでの経緯

平成29年6月27日 事業者に株式会社ワールドパーク連合体を選定
平成29年8月29日 基本協定を締結
平成30年2月1日 建設負担金協定を締結
平成30年7月24日 潜堤設置工事に着手(平成31年4月30日竣工見込み)

潜堤設置工事

潜堤とは、海に設置される干潮時でも海面から出ない高さの堤防のことで、波の力を弱め砂浜の侵食を抑制するための施設です。今回の養浜工事に先駆けて、平成30年7月24日から潜堤設置工事に着工しており、平成30年9月21日に1基が完成しています。一部に砂の堆積が見られるなど、一定の効果が確認できており、現在、さらに2基の潜堤の設置工事を行っています。平成31年4月30日に竣工予定です。

 

今後のスケジュール

平成31年度上半期 新バーベキュー場工事着手
平成31年度下半期

温浴施設、グランピング施設、プールリニューアル工事着手

新バーベキュー場営業開始

令和2年度 温浴施設、グランピング施設、プールリニューアル営業開始 

 

このページの情報発信元

都市局公園緑地部緑政課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター9階

電話:043-245-5789

ファックス:043-245-5885

ryokusei.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)