閉じる

ホーム > 学校紹介 > 校長室

更新日:2021年5月20日

ここから本文です。

校長室

千葉市立横戸小学校 校長 岩瀬 雄三

 

 今年度、横戸小学校は新入生22名が入学し、全校138名、8学級(特別支援学級2学級含む)でスタートしました。

 本学校は、明治7年(1874年)に創立された歴史と伝統のある小学校です。明治新政府(1868年)ができてから10年たたずに創立された学校です。当時の宇那谷村の村民の要望によりつくられた学校とのことです。この地域は伝統的に教育に対する関心が高いことが感じられます。また、大変自然豊かな場所に立地しており、市内唯一の学校林があります。学校林を歩くと、四季を通して木々の間から気持ちのよい風を感じ、小鳥のさえずりが聞こえてきます。

 横戸小学校の歴史と自然を大切にし、子どもたちが健やかに育つように、教職員一同、教育活動に全力を尽くしていく所存です。

 本校の学校教育目標は、「豊かな心情と、自ら学ぶ意欲をもち、心身ともにたくましく生きる子どもの育成」としています。

 めざす子どもの姿として、

 (よ)く学ぶ子 すすんで学習する子ども(知)

 (こ)ころのやさしさをもつ子ども あかるく行動する子ども(徳)

 (ど)の子も、元気な子ども 体力づくりに励む子ども(体)

としています。

 このことを踏まえ、子どもたちに次のことを伝えていきたいと思います。

・たくさん勉強をしましょう。小学校で学ぶことは、生きていくうえで一生使います。

・やさしさや、あかるさがある人は、人から好かれとても輝いて見えます。

・何をするにも、元気が必要です。元気のもとは、体力です。

 

 歴史と自然がたくさんある横戸小学校で学び、将来の日本や世界を背負っていく人づくりを、教職員一同で行っていきたいと思います。皆様のご協力ご支援をお願いいたします。