閉じる

ホーム > 学校紹介 > 校長室

更新日:2021年4月15日

ここから本文です。

校長室

学校長あいさつ

校長 鎗田 真治

 

 本校は昭和39年4月に、松ヶ丘小学校学校より分離開校して、今年度で56年目を迎えました。学区は千葉市中央区の東端にあり、緑区と若葉区に隣接した、緑が豊かで、支川都川が流れる自然豊かな学区です。地域には、PTA、川戸コミュニティー懇談会、川戸こども連絡会、川戸ふるさとづくりの会、川戸まちづくりの会、おやじの会等、子どもたちのための後援会的な組織が多数あり、児童生徒を大切にしながら、地域や学校、保護者が一体となって協力や支援をしていただいています。

 

 小学校は現在、特別支援学級を含めて14学級で、同一学区で川戸中学校へ進学し、9年間同じ地区の仲間たちと学校生活や地域活動を一緒に行っています。本校は、川戸中学校とともに、平成28度より小中一貫教育へむけての実践研究、令和元年度に「小中一貫教育モデル校」、そして昨年度、市内初の「小中一貫教育校」としてのスタートをきり、本年は2年目をむかえます。

 

 小学校の教育目標として「自ら学び心豊かにたくましく生きる子どもの育成」 小中学校の共通目標として、「自ら学び、考え、表現する力を身に付けた児童生徒の育成」を掲げ、ふるさと川戸で次代を担う児童生徒の育成を目指しています。中でも小中一貫教育としては、以下2点に焦点をあてて実践を継続していきます。

・外国語(56年)、外国語活動(34年)では、中学校教員、ALTと共に学習を進める。

・地域や小中が連携したボランティア活動に力を入れる。

 このような経営方針のもとで、川戸小学校で学んでよかったと思えるような学校づくりをめざし、地域に開かれた学校となるよう、職員が一丸となって取り組んでまいります。保護者・地域の皆様には、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。