閉じる

ホーム > 地震発生時の対応、気象警報時の対応

更新日:2021年11月1日

ここから本文です。

地震発生時の対応、気象警報時の対応

地震発生時の対応について

児童在校中に大きな地震が発生した場合の下校方法 学校から「通常下校」「集団下校」「保護者引き渡し」の連絡をします。
登下校中

原則として、学校へ向かう。
明らかに自宅・避難所が近い場合はそちらへ向かう。

児童の下校後から翌日7時までに震度5弱以上の地震が発生した場合 自宅待機。
解除の連絡は安全の確認がどれ次第、学校から連絡します。

詳細については、下欄に添付しておりますPDFファイルをご覧ください。

気象警報発令時の対応について

保護者の対応 学校の対応
午前7時の時点で「暴風警報」「暴風雪警報」
大雨、暴風、暴風雪、大雪の「特別警報」が継続中の場合
登校させない。 全校臨時休業
午前7時の時点で「避難指示」が継続中の場合 学区内に「避難指示」の対象地域が含まれる場合は、登校させない。 学区内に「避難指示」の対象地域が含まれる場合は、臨時休業。
※「すぐーる」等で連絡 。
登校前、「暴風警報」「暴風雪警報」を伴わない
大雨、大雪等の警報が発表中の場合
保護者が安全と判断した場合に登校させる 。 原則として平常通り
登校後、「暴風警報」「暴風雪警報」大雨、暴風、暴風雪、大雪の
「特別警報」や「避難指示」が発表された場合
学校からの連絡により対応する。 授業を繰上げて下校させる。
※「すぐーる」等で連絡 。
登校後、「暴風警報」「暴風雪警報」を伴わない
大雨、大雪等の警報が発表された場合
- 原則として平常通り

詳細については、下欄に添付しておりますPDFファイルをご覧ください。

詳細

気象   

 

地震

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。