閉じる

ホーム > 学校経営

更新日:2021年4月12日

ここから本文です。

学校経営

経営の基本方針

  1. 生徒の健康と安全を最優先に考え、生徒が自ら健康を育み、安全を確保しようとする実践力の向上に努めます。
  2. 教育目標の具現化を図るため、生徒・地域の実態等に即した特色ある教育計画を作成し、組織的な実践に努めます。
  3. 全教職員の学校経営参加意識を高め、業務内容の創意工夫を心がけるとともに、経営にPDCAサイクルを取り入れ、教育成果の向上に努めます。
  4. 大宮中学校区地域教育協議会を中心に、学校・家庭・地域社会の連携を深めるとともに、地域の教育力を積極的に取り入れ、教育成果の向上に努めます。
  5. 令和3年度より実施される新学習指導要領の趣旨に沿った教育課程の編集及び実施に努め、「主体的・対話的で深い学び」を具現化する授業改善を行います。
  6. 学区小学校との交流を通して、学習面、生活面での連携に努めます。

経営の努力事項

  1. 「基礎的・基本的な内容の確実な定着」「言語活動の充実」をめざし、授業研究等の研修を深め、「わかる授業」を実現します。また、そのことにより、生徒の学習意欲の向上に努めます。
  2. 生徒同士や生徒と教師のよりよい人間(信頼)関係づくりを促進し、心のつながった生徒指導を行います。