閉じる

ホーム > 学校紹介 > 校長室

更新日:2021年4月12日

ここから本文です。

校長室

学校長挨拶

校長 大西 徹

本校は、昭和59年4月5日、JR鎌取駅周辺の「おゆみ野地区」で最初に開校し、今年で創立37年目を迎えました。創立当時は、生徒19人でスタートしましたが、生徒数の増加により平成8年には786人になり、平成9年度に分離新設校として有吉中学校が開設しました。その後も生徒数が増加し、平成21年には1,000人を超えました。そこで、平成23年度に同じく分離新設校としておゆみ野南中学校が開校した歴史があります。今年度の生徒数は、当時の約半分である526人です。

「誠実・自学・協力」をキバナコスモス校章校訓とし、「豊かな心を持ち、自ら学びたくましく生きる生徒の育成」を学校教育目標としています。校章は、創立当初周辺に咲いていた「キバナコスモス」をモチーフにしています。開校当初の本校の目指す教育目標であった「徳育・知育・体育・希望・活力・奉仕」の6つを、6枚の花びらに包含し、手を取り合ってたくましく生き抜く連帯感をあらわしています。泉谷の頭文字「I」の花文字と中学校の「中」を組み入れたものです。また、校歌は、自分たちの環境を愛し、学校を愛し、友を愛してほしいという願いが歌詞に込められています。

/school/jhs/051/images/clip_image0011.png地域は連帯意識が高く、PTAいずみ会や泉谷中学校区青少年育成委員会、おやじの会、スポーツ振興会等、学校を支援する協力体制がとても素晴らしいです。本校は、地域と共にある学校と言えます。

生徒は、大変素直で活力があります。元気のある日々の挨拶や美しい歌声、めりはりのある学校生活は素晴らしく、本校の強みであり保護者の皆様や地域の皆様、来校者からも誉められています。また、学習、学年・学校行事、生徒会・委員会活動、部活動等に泉谷中の「誇り」をもって一生懸命に取り組んでいます。

R3学校スローガン

そして、2年毎に全校生徒で決めている生徒会スローガンは、今年から「翔ける泉谷中」(R3年度,R4年度)となりました。先輩たちがこれまで築いてきた素晴らしい伝統を引き継ぎ、生徒一人一人が主体的に活動して、鳥が空高く飛ぶように生き生きと過ごせるようにという想いと、より高みを目指して、お互いが励まし合い、成長し合うという意味が込められているようです。子供たちの泉谷中への想いと自主的・主体的な活動を大切にし、私たちは精一杯支援していきたいと思います。

令和3年度も生徒、職員が一丸となり、「誇れる学校の創造」~生徒の心と手による学校づくりを通して~と「信頼される学校」を目指して、保護者の皆様、地域の皆様と双方向的な関係を築きながら、子供たちが充実した学校生活を送れるよう全力を尽くす所存です。どうぞよろしくお願いします。