• トップページ
  • 議長・副議長
  • 議員名簿
  • 委員会の動き
  • 会議日程・結果
  • 市議会のしくみ
  • 請願・陳情

ここから本文です。

更新日:2022年11月2日

議会活動報告(令和4年10月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。

1 定例会について


第3回定例会は、9月8日から10月6日までの29日間の会期で開催されました。
この定例会では、市長提出議案49件、議員提出議案1件を審議しました。
すべての市長提出議案を可決・認定・同意、議員提出議案の条例案1件を否決しました。

(詳しくは、会議結果をご覧ください)

令和3年度決算議案の審議にあたっては、決算審査特別委員会を設置し、5つの分科会において詳細かつ慎重に審査しました。
その結果、決算議案は原案どおり認定したほか、今後の市政運営に反映させるため、10項目にわたる指摘要望事項(PDF:178KB)を市長に提出いたしました。

 

議会活動報告(令和4年6月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。

1 定例会について

第2回定例会は、6月9日から6月24日までの16日間の会期で開催されました。
この定例会では、市長提出議案27件、議員提出議案7件のほか、請願1件を審議しました。
すべての市長提出議案を承認・可決・同意、議員提出議案のうち「千葉市議会委員会条例の一部改正について」及び意見書案5件を可決し、条例案1件を否決しました。
また、請願1件を不採択と決しました。
(詳しくは、会議結果をご覧ください)

 

議会活動報告(令和4年5月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。 

1 第2次議会運営活性化推進協議会

第6回会議を5月20日に開催し、「委員会機能の充実について」、「一般質問の一括質問の時間短縮について」、「議会のICT化について」の協議を行いました。

協議の結果、「委員会機能の充実について」は、正副委員長案のとおり、第2回定例会から所管事務調査の年間調査テーマの必置などの取組みを、試行として1年間実施していくことが了承されました。

「一般質問の一括質問の時間短縮について」は、試行実施していた質問時間短縮(60分→40分)の本格導入は見送られることとなりましたが、今後、これまで以上に議員の質問の質を高め、効果的・効率的な質問を徹底して行っていくことについて合意がなされました。

「議会のICT化について」は、今後の議会においても、一部の会議資料を除き、引き続きペーパレスを進めていくことで了承されました。また、前回から協議してきた今後の会議へのパソコン等の持ち込み・使用に係る取扱いについては、委員からの意見を踏まえ、改めて正副委員長において再検討することとしました。

(詳しくは、第2次千葉市議会運営活性化推進協議会協議経過をご覧ください)

 

議会活動報告(令和4年4月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。 

1 第2次議会運営活性化推進協議会

第5回会議を4月25日に開催し、「委員会機能の充実について」、「一般質問の一括質問の時間短縮について」及び「議会のICT化について」の協議を行いました。

「委員会機能の充実について」は、前回の会議において再検討となっていた今後の協議事項について新たな正副委員長案が示されました。

環境経済委員会の所管として具体的に「区役所」を明示することについては、正副委員長案のとおり、条例改正を行うことが了承され、所管事務調査テーマの必置(試行)については、会派持ち帰りとなり、次回会議で引き続き協議することとなりました。

「一般質問の一括質問の時間短縮について」は、一括質問の質問時間を60分から40分に短縮しての1年間の試行実施が終了したことを受けて、その本格導入の可否について協議を行いましたが、会派持ち帰りとなり、次回会議で引き続き協議することとなりました。

「議会のICT化について」は、正副委員長案のとおり、試行中であったタブレットの本格導入は見送り、情報共有システムは継続して活用していくこととなりました。また、今後の会議における紙資料の取り扱いについては、会派持ち帰りとなり、次回会議で引き続き協議することとなりました。

(詳しくは、第2次千葉市議会運営活性化推進協議会協議経過をご覧ください)

 

議会活動報告(令和4年3月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。

1 定例会について

第1回定例会は、2月18日から3月17日までの28日間の会期で開催しました。
この定例会では、市長提出議案63件、議員提出議案2件を審議しました。
市長提出議案のうち62件を承認・可決・同意し、1件を継続審査としました。
また、議員提出議案は、「ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に対する決議」を可決し、条例の一部改正案を否決しました。
なお、請願4件及び陳情1件を不採択と決しました。
(詳しくは、会議結果をご覧ください)

そのほか、令和4年度予算議案の審議にあたっては、予算審査特別委員会を設置し、5つの分科会において詳細かつ慎重に審査しました。
その結果、予算議案を原案のとおり可決するとともに、今後の市政運営に反映させるため、10項目にわたる指摘要望事項(PDF:183KB)(別ウインドウで開く)を市長に提出し、さらに反映状況の報告を求めました。

令和4年度予算は、財政の健全性を維持・向上させる取組み及び行政改革の取組みを着実に推進するとともに、未だ収束が見通せない新型コロナウイルス感染症への対応として、感染拡大防止や地域経済の回復、市民生活の支援に最大限の対策を講じた内容となっています。
また、防災、環境、医療、介護、子育て、教育、都市づくりなどを中心に、市民生活の向上や本市の発展につながる重点施策について、事業費の精査を行ったうえで、事業の着実な推進を図ることとしています。

 

議会活動報告(令和4年2月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。

1 第2次議会運営活性化推進協議会

第4回会議を2月2日に開催し、「委員会機能の充実について」及び「議会のICT化について」の協議を行いました。
協議の結果、「委員会機能の充実について」は、委員長から、今後の協議に向けた検討案が示されましたが、各委員からの様々な意見を踏まえ、正副委員長において再検討のうえ、改めて提示することとなりました。

「議会のICT化について」は、令和4年第1回定例会以降におけるペーパーレス会議の試行について、資料のとおり行うことが了承されました。
(詳しくは、第2次千葉市議会運営活性化推進協議会協議経過をご覧ください)

 

議会活動報告(令和3年12月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。

1 定例会について

第4回定例会は、11月26日から12月15日までの20日間の会期で開催されました。
この定例会では、市長提出議案24件、議員提出議案5件のほか、請願2件を審議し、市長提出議案については、すべて承認・可決・同意しました。
議員提出議案のうち、「千葉市議会議員定数及び各選挙区選出議員数に関する条例の一部改正について」は2件提出され、議員定数を現状どおり50人とし、各選挙区選出議員数を2増2減とする一部改正案を可決し、議員定数を現状の50人から3増の53人とする一部改正案は、現状の50人を維持する議案が先に可決されたことから議決不要となりました。そのほか、「千葉市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について」及び決議案1件を可決し、条例の一部改正案1件を否決しました。
また、請願2件を不採択と決しました。
(詳しくは、会議結果をご覧ください)

2 第2次議会運営活性化推進協議会 

第2回会議を12月1日に開催し、「文書による一般質問について」の協議を行いました。
協議の結果、委員長から示された文書による一般質問の制度化に至った経緯やこれまでの意見を踏まえた正副委員長案について、会派持ち帰り、次回会議で報告の上、引き続き協議することとしました。

第3回会議を12月13日に開催し、前回持ち帰りとなっていた正副委員長案について協議を行いました。
協議の結果、正副委員長案が了承され、先例(事例)集に反映することとしました。
また、非交渉会派と無所属議員を同じ枠内で運用することに対する意見として出された、幹事長会議での質問者の調整や、質問項目数を議員間で分けることについては、文書による一般質問を実施することとなった際にあらためて協議することを、後で分かるよう、協議の経緯について申し送りすることとし報告書に記載することで了承されました。
(詳しくは、第2次千葉市議会運営活性化推進協議会協議経過をご覧ください)

 

議会活動報告(令和3年11月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。

1 第2次議会運営活性化推進協議会

第1回会議を11月9日に開催し、「文書による一般質問について」及び「議会のICT化について」の協議を行いました。
協議の結果、「文書による一般質問について」は、その実施を判断する際の具体的な基準を設けることは困難であるが、現状どおり、幹事長会議で協議・調整の上、最終的には議会運営委員会で決定することとなりました。
なお、質問人数、質問項目数、質問数、文字数及び無所属議員の取扱いについては、会派に持ち帰りとなり、次回会議で報告の上、引き続き協議することとなりました。
「議会のICT化について」は、事務局から示された運用方法のとおり、令和3年第4回定例会以降におけるペーパーレス会議の試行を行うこととなりました。
(詳しくは、第2次千葉市議会運営活性化推進協議会協議経過をご覧ください)

 

議会活動報告(令和3年10月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。

1 定例会について

第3回定例会は、9月6日から10月5日までの30日間の会期で開催されました。
この定例会では、当初の議案に加え、新型コロナウイルス感染症経済対策に関する補正予算等、追加議案3件を審議するため、会期を1日延長し、市長提出議案41件、議員提出議案5件を審議しました。
すべての市長提出議案を承認・可決・同意、議員提出議案のうち意見書案4件を可決し、条例案1件を否決しました。
 (詳しくは、会議結果をご覧ください)

そのほか、令和2年度決算議案の審議にあたっては、決算審査特別委員会を設置し、5つの分科会において詳細かつ慎重に審査しました。
その結果、決算議案は原案どおり認定したほか、今後の市政運営に反映させるため、10項目にわたる指摘要望事項(PDF:169KB)を市長に提出いたしました。

2 第2次千葉市議会活性化推進協議会

本市議会では、課題となっている議会運営に関する諸事項について調査・検討及び検証を行うため、9月1日に第2次千葉市議会運営活性化推進協議会を設置しました。

これに伴い、10月7日に、現下の諸課題、更には市制100周年、政令市移行30周年を目前とした次の改革ステージを念頭に、キックオフ講演会を開催しました。

当日は、講師に新潟県立大学の田口一博准教授をお迎えし、「これからの地方自治と議会のあり方 ~市民の多様な意見を反映させるために~」をテーマに、委員会機能の充実、一般質問のあり方及び議会のICT化等について講演いただきました。

第2次活性協講演会(JPG:545KB)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、議場(1階)と傍聴席(2階)に分かれて着席しています。

 

議会活動報告(令和3年6月)

私たちから市民の皆様に、本市議会の活動についてご報告いたします。

1 定例会について

第2回定例会は、6月4日から6月23日までの20日間の会期で開催されました。
この定例会では、市長提出議案23件、議員提出議案9件のほか、請願2件、陳情2件を審議しました。
すべての市長提出議案を承認・可決・同意、議員提出議案のうち「千葉市議会政務活動費の交付に関する条例の一部改正について」「千葉市議会会議規則の一部改正について」及び意見書案6件を可決し、条例案1件を否決しました。
また、請願2件を不採択、陳情2件のうち1件を撤回、1件継続審査と決しました。
 (詳しくは、会議結果をご覧ください)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)