ここから本文です。

更新日:2015年10月23日

けがややけどの応急手当

    けがをした時の応急手当

 〇 出血している場所に布を当て、指や手で約10分間強く圧迫する

 〇 可能なら、出血している場所を心臓より高くする

 〇 止血できた場合、出血が少ない場合は、傷口を水道水を流しながら汚れが取れるまで十分に洗う(約10分)

 〇 ばんそうこうや包帯で覆っておく

 

こんな時は受診しましょう!            

  • 傷が深い・出血が止まらない・しびれや痛みがとまらない・傷が十分に洗えなかった
  • 数日後、痛みが増してきた

 

 

   
    やけどをした時の応急手当

 〇 とにかく、冷たい水でしっかり冷やす(15℃以下、15分以上)

 ※ ただし、広範囲のやけどの場合は、冷やさない!

 ※ 子どもの場合は、体温が低下しやすいため注意!

 〇 受診するまでの間、清潔な布でやけどの部位をおおい、その上からも冷やす

 〇 水ぶくれは無理に破かない

 〇 水ぶくれが破けた場合、サランラップなどでおおい、上に清潔な布をかぶせた上から冷やす

 

ここがポイント!

冷やすときは・・・

〇 病院へ行くまで、氷を入れた袋や保冷剤で2時間ごとに20~30分冷やしましょう。

〇 氷は直接皮フに当てず、タオルや布で包んでから冷やしましょう。

 

 

 

 

このページの情報発信元

消防局警防部救急課

千葉市中央区長洲1丁目2番1号 セーフティーちば6階

電話:043-202-1657

ファックス:043-202-1659

kyukyu.FPD@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)