ここから本文です。

更新日:2019年3月26日

入浴着を着用した入浴にご理解をお願いします

 公衆浴場、旅館・ホテルの浴場、サウナなどでは、乳がん手術や皮膚移植などの傷跡をカバーする専用入浴着を着用したまま入浴することができます。浴場施設をご利用される際、皆様のご理解をお願いいたします。

●入浴着について

 乳がんや皮膚移植の手術により傷跡が残った方が、周囲を気にすることなく入浴が楽しめるように、傷跡をカバーするために開発・製造された専用の入浴肌着です。

●衛生面について

 専用の入浴着を入浴直前に着用し、浴槽に入る前には付着した石鹸をよく洗い流すなど、清潔な状態で使用される場合は、衛生管理上の問題はありません。 


このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階

電話:043-245-5213

ファックス:043-245-5556

seikatsueisei.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)