• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

知的障害のある方に関する業務

知的障害とは

満18歳になるまでに、何らかの原因により知的障害を生じ、日常生活や社会生活に援助を要する状態にあるものをいいます。
「知的障害を理解するためのハンドブック」(PDF:1,978KB)をご覧下さい。)

療育手帳の判定・作成

療育手帳に該当するかどうかの相談・障害程度の判定及び療育手帳の発行を行います。

療育手帳について

知的障害による生活のしづらさを補うため、さまざまな福祉の制度があります。その制度を利用しやすくするための手帳です。障害程度の判定は、ご本人の知的能力と日常生活を営むために必要な社会能力及び介護の状況を総合的に評価します。
(利用できる福祉制度については、「障害者福祉のあんない」をご覧ください。)

対象者

児童相談所(18歳未満)又は障害者相談センター(18歳以上)において知的障害と判定された方。

内容

障害程度によって、軽度から最重度まで6区分されます。(障害者福祉のあんない94ページをご覧ください)

申請

申請窓口は、お住まいの区の保健福祉センター高齢障害支援課です。
申請に必要なものは以下のとおりです。

1.交付申請書(様式第2号)または再判定申請書(様式第4号)

(申請窓口にあります。こちらからダウンロードもできます。)

2.事前調査票(申請窓口にあります。)

3.写真(縦4cm、横3cm)

(「療育手帳申請書に添付いただく写真について」(PDF:129KB)をご覧ください)

4.印鑑(ご本人、保護者の方が申請書に記入される場合には不要です)

※18歳以上になって、初めて療育手帳を申請される方は、その他の提出書類があります。詳しくは「18歳以上で初めて療育手帳の交付を希望される方へ」(PDF:171KB)をごらんください。

情報提供書の交付について

障害者相談センターでは、療育手帳所持者が障害基礎年金申請等の事由で医療機関を受診し、知能検査結果の提供を必要とする場合に、「情報提供書」を作成、交付しています。交付を希望する場合は、下記の方法で申請をしてください。

来所が可能な場合

電話で予約を取っていただき、来所をしてください。その場で申請いただき、20分程で情報提供書をお渡しできます。費用はかかりません。

<持ち物>

1.(申請される方が保護者の方の場合)身分を証明するもの(運転免許証、健康保険証等)

2.(申請者がご本人の場合)療育手帳

郵送でのやり取りをご希望の場合

下記のものを同封いただき、郵送にて申請ください。申請書が当所に到着後、1週間程度で「情報提供書」を申請者あてに郵送します。

1.82円切手を貼った返信用封筒(申請者住所氏名を記入)

2.申請者本人であることを証明するために必要な書類の写し(申請者の方の運転免許証(写)等。申請者が手帳所持者本人の場合には不要)

3.療育手帳(写)

4.情報提供書交付申請書(PDF:130KB)

知的障害に関する相談について

ご相談は、あらかじめ電話(043-209-8823)での予約をお願いいたします。なお、相談内容に応じて、他機関を紹介することもあります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局高齢障害部障害者相談センター

千葉市中央区千葉寺町1208-2 (千葉市ハーモニープラザ内1階)

電話:043-209-8823

ファックス:043-209-8826

shogaishasodan.HWS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)