千葉市動物公園 > 動物紹介 > 動物図鑑 > フクロテナガザル

おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

フクロテナガザル

更新日:2013年5月29日

フクロテナガザル

フクロテナガザル

英名

Siamang

学名

Symphalangus syndactylus

分類

霊長目(サル目) テナガザル科

生息地

マレー半島、スマトラ島の森林

体重

オス12~15kg メス10~12kg

体長

70~90cm

食べ物

果実、木の葉、花など

保護状況

IUCN レッドリスト 絶滅危惧IB類EN
ワシントン条約 附属書 1表

特徴

テナガザルの仲間で最も大きいです。低地から3000m級の高地までの熱帯雨林に生息しています。手の親指以外の指は非常に長く、枝をつかむのに適しています。枝から枝へぶら下がりながら移動する「ブラキエーション」をすることで効率よく熱帯雨林を移動します。
1頭のオス、1頭のメス、その子どもからなる絆の強い群れを作ります。大きなのど袋をふくらまして、力強い鳴き声を発し、群れのテリトリーを守ったり、群れの絆を強めたりします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ