• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2022年6月17日

土壌診断のススメ

「最近、野菜の育ちがよくないなあ・・」、「肥料って畑にまだ残っているかなあ・・」そんなことを思っている方はいらっしゃいませんか?
私たちが病院にいって健康診断や治療を受けるように、畑も定期的に土の状態をチェックしたり、作付け前などに土壌診断を行うことが有効です。

1土壌診断でわかること

  • 畑に、どんな肥料がどれだけ残っているか。また、畑に残っている肥料の成分のバランスがわかります。
    これにより、次の作付けに必要な肥料の種類と量もわかります。
  • 土が酸性かアルカリ性か(作物によって適したpHが違います)がわかります。
  • 地力があるのかどうかがわかります。
  • 生育障害の原因がわかります。
  • 定期的に行うことで、土の状態を管理することができます。

2土壌診断について

(1)分析項目

pH、EC、硝酸態窒素、CEC、交換性陽イオン(石灰、苦土、加里)、陽イオン飽和度、石灰/苦土比率、苦土/加里比率、可給態リン酸、腐植、全窒素

(2)期間

約1か月。ただし、分析が集中し時間がかかる場合がありますので、前もって問い合わせをしてください。

(3)費用は無料

(4)採取方法

下図のとおり。
土壌採取方法
併せて、土壌診断受付表への記入・提出をお願いします。

土壌診断受付表(エクセル:17KB)記入例(エクセル:19KB)

袋に貼付するラベルについては、こちらをご活用ください。

袋用ラベル(ワード:57KB)記入例(ワード:58KB)

(5)結果

診断結果に基づき、次回予定作物に応じた施肥設計を提案します。

診断結果見本
データシステム:千葉県農林総合研究センター 土壌環境研究室作成

(6)受付窓口

農政センター農業生産振興課持続型農業推進班またはJA千葉みらい各支店

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業生産振興課

千葉市若葉区野呂町714-3

電話:043-228-6278

ファックス:043-228-3317

seisanshinko.AAC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)