閉じる

ホーム > 学校紹介 > 校長室

更新日:2023年10月27日

ここから本文です。

校長室

後期が始まりました

今年1年間も折り返し、後期が始まりました。

後期のスタートは、日々深まる秋の気配の中、学習するにも、運動するにも、読書などの好きなことに没頭するにも適した時期であり、子供たちが大きく成長することが期待できます。

子供たちには、式や集会等の場で、「今年1年間で目指す自分の姿」とそれに向けた「目標」をもって、日々少しずつ、こつこつと努力を続けるように話をしています。

前期終了時には、日々の努力の成果がたくさん見られました。通知票「あゆみ」で、保護者の皆様にお伝えしたことは、その顕著な表れです。成果として身に付いたことはさらに伸ばし、課題として残ったことは、後期を挽回するチャンスとして、引き続き努力を続けることを期待しています。

目指す姿も、目標も、人それぞれです。そのことを認め、その都度、努力や成長を褒めたり、方向を見失っていると感じたときは指導・助言したりしながら、子供たちを育てていきたいと考えます。

ご家庭でも、お子さんの「目指す自分の姿」「後期の目標」を話題にしていただき、頑張っていたら褒め、つまずいていたら励まし、ご家庭と学校を両輪として、共にお子さんのより良い成長を促していけたら幸いです。

後期も、どうぞよろしくお願いします。

千葉市立生浜小学校 校長 岡田 慎司

前期終了のごあいさつ

97日間の前期が終了しました。これまでの日々を振り返ってみますと、様々な思い出が蘇ってきます。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の流行が収束に向かい、元の生活に戻りつつあり、充実した教育活動を展開することができました。

体育館に参集しての式や集会の実施、来賓をお招きしての入学式、全校一斉に行った運動会、歓声が聞こえてきたプールでの学習、伝統的な古典に触れた芸術鑑賞会、異学年で交流した「生浜キッズ」など・・・・子供たちの笑顔がたくさん見られたことが大きな収穫です。

子供たちには、前期を振り返り、成果として身に付いたことは自信にして今後も継続し、課題として残ったことは、後期のめあてとして、さらに努力を続け、やがては成し遂げた満足感を得て成長してほしいと願っています。

保護者の皆様、並びに地域の皆様には、これまで本校の教育活動にご理解、ご協力いただき、心より感謝申し上げます。学校教育目標の「明るく たくましく 生きる 生浜っ子の育成」の実現に向けて、家庭及び地域社会と連携しながら、職員一同、より一層精進していく所存です。後期も引き続き、ご支援、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

千葉市立生浜小学校 校長 岡田 慎司

令和5年度のごあいさつ

令和5年4月1日に、千葉市立生浜小学校長として着任しました校長の岡田 慎司と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

4月6日に着任式・始業式が行われ、令和5年度新学期がスタートしました。期待に胸を膨らませながら体育館に入ると、子供たちの温かい拍手で迎えられました。式の最中の態度が良く、気持ちの良い返事ができ、素直で子供らしい印象を受けました。これからの学校生活が楽しみです。

新型コロナウイルス感染者数が減少し、5月には感染法上の扱いが5類に引き下げられる予定であり、今後、より充実した学校生活にできるものと期待しています。コロナウイルス感染症流行前に戻すのではなく、これまで以上により良いものになるように努力していきたいと考えます。教職員一同力を合わせ、「明るく たくましく 生きる生浜っ子の育成」を学校教育目標として、家庭及び地域社会と連携した教育活動を推進してまいります。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

千葉市立生浜小学校 校長 岡田 慎司

生浜小学校について

沿革

生浜小学校の沿革(令和5年度)(PDF:397KB)

児童数・学級数

 

  学級数 男子 女子 合計
1年 2 32

34

66
2年 2 26 22 48
3年 2 29 26 55
4年 2 24 32 56
5年 2 27 20 47
6年 2 16 29 45
あおば 2 3 3 6
合計 14 157 166 323

生浜小学校の児童数・学級数