閉じる

学校紹介 > 校長室

更新日:2022年9月2日

ここから本文です。

校長室

校長から

 前期後半がスタート! 令和4年9月

 夏休みが終わり、前期の後半がスタートしました。学校に、子供たちの明るく元気いっぱいの声が戻ってきました。子供たちが元気に笑顔で登校する様子をみてほっと一安心しております。

 今年の夏休みは、3年ぶりに行動制限の要請のない夏休みでした。そのような中、つい先日決勝戦が行われた夏の全国高校野球では、宮城県の学校が初優勝しました。東北勢の優勝は春夏通じて初めてのことで、深紅の大優勝旗が初めて、白河の関を越えて東北の地に持ち帰られることになりました。野球伝来150年の節目の年に偉業を達成することができ、素晴らしかったですね。大会を通じて、「指導者の方々、チームの仲間、家族への感謝」という言葉がたくさん聞かれました。児童の皆さんも自分を支えてくれる多くの方に感謝の気持ちをもち、努力できる人になってほしいと思います。

 また、新型コロナウイルス感染症の「第7波」で、オミクロンBA.5系統の変異ウイルスが猛威を奮っています。千葉県の新規感染者数は減少傾向が感じられますが、全国的に見ますとまだまだ多くの新規感染者が出ております。千葉県をはじめ全国の多くの道府県で「BA.5対策強化宣言」の取り組みも始まっております。本校でも、基本的な感染症対策を徹底し、感染防止に努めてまいります。ご家庭におかれましては、毎朝の検温と健康観察を引き続き行っていただき、同居家族等を含めて、発熱等風邪の症状や体調不良がある場合は登校を控えていただくようお願いいたします。

 これから前期のまとめの時期になります。残暑が厳しいことも予想されますので、熱中症にも注意しながら、しっかりと前期のしめくくりをしていきたいと思います。

もう夏本番 令和4年7月

 気象庁から6月27日「関東甲信が梅雨明けしたとみられる」との発表がありました。関東甲信では観測史上最も早い梅雨明けだそうです。早くも夏本番を迎えた中、熱中症にも気を付けながら、子供たちは水泳学習に意欲的に取り組んでおります。

 6月16日(木)~18日(土)に6年生の「農山村留学」があり、鴨川青少年自然の家で2泊3日を過ごしました。出発する時は低い雲が広がり、今にも雨が降り出しそうでしたが、雨に降られることもなく、ほぼ予定通りの活動を実施することができました。友達との信頼関係や絆を深め、大きなけがや事故なく過ごし、充実した3日間となりました。

 7月に学校に登校する日は11日しかありません。その後は子供たちが楽しみにしている42日間の夏休みになります。新規感染者数が減ってきたとはいえ、まだまだ新型コロナウイルス感染症が心配されている中での夏休みとなりますので、引き続き感染症対策や熱中症予防をしっかりと行っていただければと思います。夏休みまでに学んだこと、身に付けたことを糧に、夏休みにしかできない体験を通して、子供たちが大きく成長してくれることを期待しています。

みんながんばった運動会 令和4年6月

 校庭の木々の葉が、若葉から青葉へ、そして濃い緑色へと変化しています。また、アジサイも小さな花が咲きはじめ、梅雨の季節に向かっていることを感じます。

 5月28日(土)に行われた運動会には、多くの保護者の皆様にご来校いただき、ありがとうございました。今年度も新型コロナウイルス感染症の対策として、例年とは違う制限された運動会となりましたが、子供たちは、意欲をもって約2週間の練習に取り組み、本当に頑張りました。運動会が近づくにつれ、練習にも熱が入り、意欲的な姿がたくさん見られました。特に、6年生は一人一役、運動会の係の役を担い、他学年の練習にも参加しながら、温かく応援や運営をしている姿がとても微笑ましかったです。

 運動会当日は、真剣な姿やにこやかな笑顔をたくさん見ることができ、感動する1日になりました。保護者の皆様には、練習や準備へのご協力、当日の子供たちへの温かいご声援など、感謝いたします。

 これから本格的な夏を迎え、学校では感染症対策に加え、熱中症対策にも留意して参ります。ご家庭でも健康管理をよろしくお願いいたします。

風薫る5月です 令和4年5月

 青葉の季節に、青々と茂った樹木の間を気持ちの良い風が吹き抜けています。正門前の桜の木もすっかり新緑の桜となりました。

 令和4年度が始まって1か月が経とうとしております。児童の皆さんは1つ進級した学校生活にも慣れてきたようですね。学校のあちらこちらで委員会活動や学級の係として、学校や学級のために頑張っている姿がたくさん見られます。

 さて、4月25日に今年度初めての避難訓練とセーフティウォッチャーの皆様の紹介・表彰の会を実施しました。セーフティウォッチャーの皆様には本当に頭が下がります。寒い日も、暑い日も、雨の日でさえも、子供たちの安全な登校のため、御尽力いただきありがとうございます。朝、子供たちの登校の様子を見守るために学区を歩いておりますと、本校の卒業生でしょうか、中学生や高校生とも、親しげに挨拶を交わしているセーフティウォッチャーの方をよく目にします。「長く関わっていただいているのだなあ」と感謝の気持ちでいっぱいになります。

 紹介の会でも、6年生の代表児童を中心にお礼を申し上げました。これからもセーフティウォッチャーの方にお会いした時は、元気に挨拶してくれる西小中台小の皆さんであることを期待しております。

令和4年度のスタートです 令和4年4月

 今年の冬は寒い日が多く、例年より桜の開花も遅かったようで、正門前の桜の木も、満開こそ過ぎてしまいましたが、たくさんのきれいな花びらをつけて、皆さんの進級をお祝いしてくれているようです。この4月に西小中台小学校に着任しました久保です。よろしくお願いいたします。

 西小中台小は、8日に42名の1年生を迎えると、全校児童242名でのスタートです。進級、入学の節目を迎え、心を新たにして「頑張ろう」という気持ちであふれている子供たちが多いと思います。そんな気持ちとは反対に、新しい友達や先生との出会いに不安を感じている子供たちもいることでしょう。教職員一同、子供たち一人ひとりの気持ちに寄り添い、全力で支援をしてまいりますので、ご支援・ご協力いただきますようお願い申し上げます。何かお気づきのことがありましたら、学校へお知らせください。

 これから春本番を迎え、木々は青々と、草花は色鮮やかに育つ季節を迎えます。西小中台小学校の子供たちも、春を迎えたこの時期に、今までにも増して、ぐんとのびてくれることを期待しております。