ホーム > くらし・地域・手続 > くらし・生活・相談 > 消費生活 > 消費生活センター > 啓発事業 > 「くらしの巡回講座」をご利用ください!

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年3月24日

「くらしの巡回講座」をご利用ください!

消費生活センターでは、消費生活に必要な知識を市民の方に学んでいただくために、「くらしの巡回講座」を実施しています。
当センターの最前線で消費者被害等の解決に向けた助言やあっせんを行う専門相談員や外部講師等が、皆様の地域にお伺いします。是非、ご活用ください。

巡回講座の様子

対象集会

内に在住・在勤・在学の概ね15人以上のグループ・団体

 

会場

込者側でのご用意をお願いいたします(当センターの諸室を無料でご利用いただくこともできます)。

 

日時等

月~日曜日(12月29日から翌年の1月3日までを除く)

午前9時から午後5時30分までで、所要時間が30分~2時間

※上記以外の時間については、ご相談ください。
※他団体の申込状況等により、ご希望に添えない場合があります。

 

費用

無料(講師への謝礼、交通費は不要です)

 

手続

開催希望日の2か月前までに、「くらしの巡回講座申込書」に必要事項をご記入の上、郵送又はFAX送信でお申し込みください。電子申請も受け付けています。

ダウンロード:くらしの巡回講座申込書(PDF:101KB)チラシ(PDF:292KB)

リンク:電子申請申し込み受付フォーム(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)
※平成30年3月30日以降、TLS1.0無効化に伴い、携帯電話(フィーチャーフォン)及びスマートフォンの一部(Android4.4以前またはiOS4以前)からの新規申請等はご利用できません。

テーマ一覧

申込書の「希望テーマ」の欄に、下記から1つ選択し、番号と講座名をご記入ください。

消費者トラブルの防止(所要時間30分~2時間)

(1)小学生向け講座「自立した消費者を育てる(学習指導要領に沿った講座)」

<講座例>
契約って何だろう(家庭科)」
お金って大切?(家庭科)」
スマートフォンを使うときに気をつけることは?(情報・特別の教科道徳)」

(2)中学生向け講座「自立した消費者を育てる(学習指導要領に沿った講座)」

<講座例>
製品事故は誰の責任?(体育・保健)」
消費生活センターってどんなところ?(生活科・家庭科・社会科)」

(3)高校生向け講座「消費者市民を育てる(学習指導要領に沿った講座)」

<講座例>
未成年者と成年の契約の違いと若者に多い消費者トラブル(家庭科)」
消費者市民社会への行動(公民科)」
消費者の権利と責任とは?(公民科)」

(4)高校生向け講座「売買契約と消費者を守る法律や制度(公民・家庭科)」

<講座例>
クレジットカードの仕組みと利用の注意は?(公民・家庭科)」
売買契約ってなんだろう?(家庭科)」

(5)成人向け講座「持続可能な社会とは?」

<講座例>
環境を考えた生活の仕方」
食品ロスについて考える」

(6)成人向け・シニア向け講座「悪質商法の手口と対処法」

<講座例>
「社会的な事例に便乗した悪質商法
契約の解除や取消しに関する制度」
ご近所への見守りで悪質商法を撃退!」

(7)見守り活動者向け講座「悪質商法から高齢者・障害者を守る」

<講座例>
「高齢者・障害者を守る見守りのポイント」
高齢者・障害者を支援する法律や制度」

(8)知っておきたい!製品事故に関する豆知識

<講座例>
身近な製品に潜む危険性」

くらしに役立つ消費生活情報

<大人向け講座>(所要時間90分~2時間)
(9)省エネ・節電!上手な電気の使い方
電気の知識を学んで、安全で上手な電気の使い方を実践!】

<講座例>
あなたの省エネ・節電行動チェック」
家庭で電気を一番消費するものは?」
主な家電製品の省エネ方法や技術」
電気使用時の注意事項」

(10)我が家の防災対策~地震・風水害(台風)・雷・火災対策~
いろいろな災害の特徴を知って安全に備える!】

<講座例>
地球温暖化と災害」
地震、台風、雷のメカニズムと対策」
特別警報、緊急地震速報って?」
災害用伝言ダイヤルの使い方」
火災の予防と対策」

(11)住まいの安全対策~意外と多い家の中の危険~
住まいの中に潜む危険を知って安全な生活を!】

<講座例>
交通事故より多い家庭内事故の予防策」
照明器具の安全点検」
電気の安全対策、住まいの防火対策」
主な家電製品の安全チェック」

<親子向け講座>(所要時間60分)対象は小学校4~6年生(一部小学1~3年生)。いずれも保護者同伴で、またワークショップを取り入れた内容です。
(12)「地球環境と省エネ」~上手な電気の使い方~
身近な電気製品を通じて省エネの大切さを知り、実行に移す!】

<講座例>
エネルギーってなに?」
地球温暖化問題について」
家庭で使うエネルギーは?」
おうちの中の電気製品を調べてみよう」
電気製品と省エネ4箇条」

(13)「防災講座」~いざという時に備えて~
災害は突然やってくる!いざという時にどうしたらよいか考える!】

<講座例>低学年向け(小学1~3年生)
生活の中に防災を取り入れる」
自分で自分の安全を守ろうとする」
カルタで遊びながら災害とは何かを知り、防災意識を持つ」

<講座例>高学年向け(小学4~6年生)
地震・台風・火災について学びます」
地震がきたらどうしたら良いの?」
「災害・避難カード」を作りましょう」

(14)「“お家の安全”について」~知らなきゃあぶないお家の中の常識~
お家の中での事故を知り、しっかり対策!】

<講座例>
「事故の発生場所は「なんと家の中」」
家の中の事故を防ぐには」
お家の防犯」
これからのお家」

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部消費生活センター

千葉市中央区弁天1丁目25番1号 暮らしのプラザ内

電話:043-207-3602

ファックス:043-207-3111

shohi.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)