ホーム > くらし・地域・手続 > 安全・安心のまちづくり > 救急・救命 > 吐き気・吐いた(こども:赤)

ここから本文です。

更新日:2015年10月23日

吐き気・吐いた(こども:赤)

主な症状 「吐いた」「吐いている」「吐きそう」「気持ちが悪そう」など

 あてはまる項目をクリックしてください。

 

赤→  何度も繰り返し吐いている。(回数の目安:6回以上、または、吐いたものの中に食べたものや固形物が見られなくなっても2~3回以上繰り返して吐いている)
赤→  吐いたものに血、または、緑がかった液体が混じっている。
赤→  38℃以上の熱がある。
赤→  尿が半日以上出ていない。
赤→  無表情でウトウトしている。または、元気がなく、ぐったりしている。
赤→  (乳児の場合)ミルクを飲んだ後に、3~4回以上ふきだすように勢いよく吐く。
赤→  強いおなかの痛みがある。
赤→  頭を激しく痛がっている。            
赤→  便に血液、または、イチゴゼリーのようなものが混じっている。            
赤→  おなかがパンパンに張っている。
赤→  泣いても涙がほとんど出ていない。            
赤→  おなかを強く打った。
黄色→  どれにも該当しない。

 

このページの情報発信元

消防局警防部救急課

千葉市中央区長洲1丁目2番1号 セーフティーちば6階

電話:043-202-1657

ファックス:043-202-1659

kyukyu.FPD@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)